2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば1 首相の日々 | トップページ | 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え »

2007/02/28

テロ対策、組織犯罪対策と人権・自由との両立は可能か

「平権懇」会員の清水雅彦さん(明治大学講師)がパネリストをつとめられる日本弁護士連合会主催の市民集会のご案内です(転載)

「共謀罪」法案は今!? 対象犯罪を絞るとした、自民党の新たな修正の動きについて検証します。「犯罪収益移転防止法案」は今!? これまでの法案修正の経過と今後生じる可能性のある問題点について検証します。

日時 2007年3月8日(木)18:00~20:00
場所 弁護士会館2階 講堂クレオ
東京都千代田区霞が関1-1-3(地下鉄霞ヶ関駅B1-b出口直結)
参加費 参加無料

内容(予定)  予定パネリスト及びテーマ
 斎藤 貴男 氏(ジャーナリスト)
「共謀罪をはじめとする監視社会化の現段階」
 村岡 啓一 氏(一橋大学大学院法学研究科教授)
「法曹倫理と犯罪対策」
 清水 雅彦 氏(明治大学講師)
「安全・安心のための治安政策は何をもたらすか」
*当日は国会議員の方からもご挨拶いただく予定です。

申込方法 参加申込書(下記HP参照)にご記入の上、FAXにてお申込ください。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/070308.html
FAX:03-3580-9920(法制第二課宛)
※なお、本申込書は参加者数把握のためのみに使用します。

主催 日本弁護士連合会
お問合せ先 日本弁護士連合会 法制第二課
TEL:03-3580-9481

« 読む・読もう・読めば1 首相の日々 | トップページ | 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え »

社会・法律」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15428550

この記事へのトラックバック一覧です: テロ対策、組織犯罪対策と人権・自由との両立は可能か:

« 読む・読もう・読めば1 首相の日々 | トップページ | 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え »

無料ブログはココログ