2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え | トップページ | 3月31日学習会「自衛隊は何を考えているか」 »

2007/03/07

平権懇2007年連続学習会 ご案内

対テロ戦争の時代に

第1回 

自衛隊は何を考えているか

――米兵・自衛官人権ホットラインの経験から

3月31日(土)午後3時~5時

講師 小西 誠 こにし まこと

1949年生まれ、米兵・自衛官人権ホットライン事務局長。

1969年、航空自衛隊内で治安訓練に反対するビラを掲示

し、裁判で無罪となる。著書に『反戦自衛官 : 権力をゆ

るがす青年空曹の造反』( 合同出版、1970年)、『自衛隊

のイラク派兵 : 隊友よ殺すな殺されるな!』(社会批評社、

2004年)、『自衛隊そのトランスフォーメーション』(社会

批評社、2006年)等がある。

第2回 

日米同盟の近未来

5月26日(土)午後3時~5時

講師 松尾高志 まつお たかし

1945年生まれ、ジャーナリスト、関東学院大学非常勤講師。

編書に『日米ガイドラインと戦前「有事法制」』(全5巻、

港の人、1998年)、共著に『平成自衛隊改造 : 海を渡った

“知られざる自衛隊”の実態 』(労働旬報社、1993年)、

『軍の論理と有事法制』(日本評論社、2003年)等がある。

第3回 

アメリカ帝国の落日

7月28日(土)午後3時~5時

講師 高野 孟 たかの はじめ

1944年生まれ、ジャーナリスト、株式会社インサイダー

代表。テレビ番組『サンデープロジェクト』『朝まで生テ

レビ』等に出演。著書に『最新・世界地図の読み方』(講

談社、1999年)、『滅びゆくアメリカ帝国』(にんげん出版、

2006年)等がある。

第4回 

イラク戦争と報道規制

9月15日(土)午後3時~5時

講師 前坂俊之 まえさか としゆき

1943年生まれ、毎日新聞記者を経て静岡県立大学国際関

係学部教授。著書に『兵は凶器なり : 戦争と新聞1926-

1935』(社会思想社、1989年』、『メディアコントロール

: 日本の戦争報道』(旬報社、2005年)、『太平洋戦争と

新聞』(講談社学術文庫、2007年)等がある。

各回 参加費500円

連絡先・090-5341-1169 杉山 090-2641-0230 大内

会場:大阪経済法科大学

東京麻布台セミナーハウス

http://www.enjoytokyo.jp/NT002Map.html?SPOT_ID=n_7823

東京メトロ日比谷線・神谷町駅・1番出口

より桜田通りを東京タワー方面へ徒歩3分

« 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え | トップページ | 3月31日学習会「自衛隊は何を考えているか」 »

平権懇 連続学習会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15428547

この記事へのトラックバック一覧です: 平権懇2007年連続学習会 ご案内:

« 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え | トップページ | 3月31日学習会「自衛隊は何を考えているか」 »

無料ブログはココログ