2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« テロ対策、組織犯罪対策と人権・自由との両立は可能か | トップページ | 平権懇2007年連続学習会 ご案内 »

2007/03/01

読む・読もう・読めば2 小児科医を救え

病院で働く小児科医は疲れている。平均でも、週60時間以上の勤務、完全休日は月2回以下、1日の睡眠時間は6時間未満。月5回の当直の仮眠時間は限りなくゼロに近く、当直明けの日も通常の日勤。このような環境では女性医師は子育てをしながら勤務を続けることは難しい。しかも一般の公務員と同じ給与体系でサービス残業が長いから、計算すると時給1500円、それ以下の人もあるという。

小児科は現在の診療費では必然的に赤字になるので、小児科を廃止する病院が多い。都内では1990年から98年までに57病院で小児科がなくなった。若くして病院を出て開業する傾向も強まっている。病院はさらに疲弊する。医師に論文を書くヒマがなくなれば、小児医学も衰退するだろう。

という現実を、どれだけの人が知っているだろうか。疲れきった医師に子供の治療を任せて大丈夫だろうか。私たちは、医療の現場で起こっていることを、あまりに知らないのではないか。

難病の子を持つ編集者、堀切和雅さんは小さな出版社を興し、5人の小児科医へのインタビューと、4人の小児科医からのメールをもとに、『小児科を救え!』という本をまとめた。上に引いたのはその内容の一端だ。共著者となった研修医の千葉智子さんは、小児科医だった父を過労自殺で失っている。それでも小児科医になる千葉さんに拍手を送りたいが、「あとがき」を書くヒマもないというのが切ない。

編集:ユビキタ・スタジオ、発売:KTC中央出版、定価1800円+税。

(大内要三・2007228日)

« テロ対策、組織犯罪対策と人権・自由との両立は可能か | トップページ | 平権懇2007年連続学習会 ご案内 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15428548

この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば2 小児科医を救え:

« テロ対策、組織犯罪対策と人権・自由との両立は可能か | トップページ | 平権懇2007年連続学習会 ご案内 »

無料ブログはココログ