2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告2-② | トップページ | 第2回学習会 ご参加お待ちしております »

2007/04/28

読む・読もう・読めば6 路傍の花

人が世話をしないのに町中で勝手に咲いている花に季節感を覚える。線路ぎわ、土手、道路の中央分離帯、街路樹の根元など。園芸植物として導入されて雑草化したものが多い。新しい土地に進出すると数年で劇的に増えたのち、嫌地現象を起こすのか、また劇的に減る。荒川の土手を埋め尽くしていたセイヨウタンポポも、東京から大阪まで新幹線沿いに切れ目なく並んでいたセイタカアワダチソウも、かつての勢いはなくなった。

ここ数年で激増したのは、例えば東京では4月半ばまで咲いていたハナニラ(英名ブローディア、学名は Ipheion uniflorum)。葉はニラに似た形でかすかにネギ臭がある。花は6弁で白色、弁の中央に藤色の条線が入るのが普通だが、条線の薄いものや弁の全体が藤色のものもある。『朝日園芸百科』によれば、ウルグァイ、アルゼンチンなどの原産だという。

いま盛んに咲いているオレンジ色のケシはなんだろうかと気になった。数年前からぽつぽつと道端で見かけたのが、今年は文字通り群生している。ヒナゲシ(虞美人草、ヨーロッパでは麦畑の雑草)を園芸用に改良したシャーレ・ポピーの1品種かとも思ったが、どうも風情が違う。図鑑類を見ても分からない。ザンダーの植物名ハンドブックを見ても分からない。ところが。ネットで調べたらすぐに分かってしまった。地中海・中欧原産のナガミヒナゲシ(学名 Papavel dubium)なのだ。幸いに麻薬の原料にはならない。

名前の分からない花は、植物図鑑で調べる。それが常識だった。しかしいまや、路傍で見かけるのは在来の植物はほとんどなくて、外来植物が雑草化したものばかり。それも隆盛を誇るのは新興勢力だから、図鑑には出ていない。このように活字文化が現実に追いつかなくなっているのを知るのは辛い。         

(大内要三 2007428日)

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告2-② | トップページ | 第2回学習会 ご参加お待ちしております »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15428526

この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば6 路傍の花:

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告2-② | トップページ | 第2回学習会 ご参加お待ちしております »

無料ブログはココログ