2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 追悼・松尾高志さん | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告4 »

2007/06/29

読む・読もう・読めば10 町の図書館

窓社から715日に発売予定の細江英公写真集『死の灰(http://www.mado.co.jp/)普及の手伝いをして、世界の図書館について調べた。この写真集は、ポンペイ、アウシュビッツ、トリニティ・サイト、ヒロシマを結ぶ取材の総決算として、天災としてのポンペイを核戦争の人災で全地球規模で再現するような愚行を止めようとするものだ。予価3800円と一般書籍と比べると高価だが、2冊セットで購入していただき、うち1冊を世界の公共図書館、とりわけ核保有国の図書館に寄贈する運動ができないかと考えている。

ありがたいことに Libweb Library Servers via www というウェブサイトがあって、145か国7700の図書館のHPがリストになっており、しかもデータは毎日更新だ。本を郵送するために住所録のようなものを作ろうとすると、それぞれのHPを開いてみて、そのどこかに記載されている所在地・電話・ファクスのデータを転記していく必要がある。けっこう面倒だが、けっこう楽しい。というのは、HPをざっと見るだけで、それぞれのライブラリアンの心意気のようなものを感じ取ることができるからだ。

米国の公共図書館、日本でいえば町立・市立のようなものは、そう大規模ではなくてもみなサービスは充実している。障害者対策、マイナーな人々への配慮、読書会や展示会の開催、そして「何でも聞いてください、一緒に調べてみましょう」という態度が明らかなこと。図書館まで行かなくてもEメール、電話、ファクス、郵便で相談できる司書の名前が明記されていて、それも大人の相談を受けるのと子供の相談を受けるのはそれぞれ別の係だ。図書館司書が町の文化人として尊敬されているのは、リリアン・J・ブラウンのシャム猫ココシリーズや、ジェフ・アボットの図書館シリーズに描かれたとおりなのだろう(ミステリばかりですみません)。

所在地を写し取っていると、その町の「メインストリート○○番」というアドレスが多いのに気づく。まるで西部劇のようだ。町役場があって、教会があって、酒場があって、保安官がいる、というような。いまや図書館もその町の表通りにあって、親切な司書がいる。アメリカ民主主義の底力を見る思いがする。    

(大内要三 2007628日)

« 追悼・松尾高志さん | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告4 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば10 町の図書館:

» <郵便事業> [新元のブログ]
制度が変わってくるとやはり変わらないといけないのかな。 これ以上高くなって欲しくないと思います [続きを読む]

« 追悼・松尾高志さん | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告4 »

無料ブログはココログ