2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告3 | トップページ | 日米同盟の近未来②  松尾高志 »

2007/06/04

日米同盟の近未来①  松尾高志

3 (07.5.26 平権懇報告)

5月26日、平権懇連続学習会「テロ戦争の時代に」第2回として、会員の松尾高志さん(ジャーナリスト)が「日米同盟の近未来」と題して報告し、最近行われた日米安全保障協議委員会の合意文書を詳細に分析・解説した。

●米軍改革は9.11テロ以前から

この5月1日に米国務省で日米安全保障協議委員会(通称2+2)が開催され、ライス国務長官、ゲイツ国防長官、麻生外相、久間防衛相が協議をして、共同発表文「同盟の変革――日米の安全及び防衛協力の進展」が公表されました。僕はこの間、米軍再編が引き金になって同盟変革が進んでいると主張してきましたが、まさにそれがタイトルになった発表文ですので、今日はこれを読み解くことでお話をしたいと思います。

まず、一般に9.11テロがあったから対テロ戦争・米軍再編という事態が起こったのだと、そういう雰囲気で議論が進みますが、じつは9.11の前からその動きがあって、9.11はそれを加速したんだというのが僕の意見です。

クリントン政権末期に、ゴア副大統領とブッシュ州知事が、それぞれ民主党、共和党から出て大統領選挙戦をやりました。ブッシュ候補は、これはボブ・ウッドワードが『ブッシュのホワイトハウス』という本で書いていますが、選挙をやるに当たって最初から軍改革、国防改革を公約にして動いてきたんですね。軍改革は90年代半ばから表面化するトレンドですけれども、冷戦が終わった後、どういうふうにアメリカに対する脅威というものを考えて、どういうふうに米軍の在り方を変えていくか、根本的なものの考え方のところから考え直そうという動きです。同時にハイテク技術が相当進んでいますので、それを軍事の分野に積極的に応用・適用する。

ものの考え方で言いますと、トフラーが『第三の波』という本を書いた、世界は農業化、工業化、情報化というふうに進展してきている、という図式がベースにあるようです。これまでの軍の在り方は産業化社会、工業化社会のものだった。時代はもはや情報化社会に入っているのだから、それに対応した軍の在り方を考えなくちゃいかんと。トフラー自身が『戦争と平和』という本を出しておりますが、米軍にそういう問題を考えているグループがありまして、そこに呼ばれて共同研究をした成果です。ペンタゴンの中では主流にはなりませんでしたが、水面下でそういう軍の変革ということを考えるということが、ずっと底流としてありました。当時の言葉で言うと「軍事革命」(レボリューション・イン・ミリタリー・アフェアズ、RMA)です。

軍改革をやらなければならないというのがずっと底流としてあって、ブッシュ候補はそこに着目をして、自分が大統領になったらそれを自分の政策の柱の一つとして推進するというふうに決めた。選挙戦の中でシタデルという場所で国防演説をやります。『世界週報』にも翻訳の全文が載りますが、RMAでアメリカ軍を変えるということを、彼流の言葉で分かりやすく選挙民に訴えております。

国防長官も、その軍改革ができるような人物でなければならないということで、ラムズフェルドを据える。ブッシュは大統領になってすぐラムズフェルドを指名して、彼に軍改革のマンデートを与えます。まあ委任ですね。やってくれと。RMAと言っていたその言葉が、ラムズフェルドになってからはフォース・トランスフォーメーションという言葉に置き換わります。ペンタゴンの中にトランスフォーメーション局というものを置いて、ここを中心にして、軍の在り方、国防総省の仕事の仕方、全体のスイッチを切り替えるという作業を始める。

米軍そのものを変える、仮想敵といいますか、脅威の質が変わっていますから。冷戦の最中はソビエトを中心とする社会主義圏グループが仮想敵で、そういうものとあい戦うという前提で軍を編成し、装備も調達していました。相手の国とシンメトリック(対称的)な形で軍事力を構成するということで来たわけです。冷戦が終わってそういう脅威が無くなって、次の脅威はどういうものになるかという研究がペンタゴンで進められて、国家と国家が戦うというものではなさそうだということになった。トランスナショナルなスレット(越境的な脅威)、という言い方をしますが、国境を越えた脅威です。しかもその主体はノン・ステイト・アクター(非国家主体)、テロのことですが、そういうものがこれからアメリカにとっての新しい脅威になりうると。

これまで軍を編成していくときには明らかに仮想敵がありますから、その脅威に対応できるだけの力を持つということで建軍していけばよかったわけです。冷戦が終わってから後は、シンメトリックな軍の編成では立ちゆかない。非対称的な敵と戦わなくてはいけないので、脅威の姿を想定して建軍していくのではダメです。むしろアメリカに対してどういう攻撃能力があるか、と逆に考えていって、そういう能力に対して米軍としてはいかに対処し得るか、という形で建軍していかなければならない。

オペレーションの仕方も、これまではプラットフォーム・セントリックという言い方をします。武器を積んだ軍艦だとか航空機だとか師団、そういう物的なものをどう配置してどう戦争するかを考えていた。いまや情報化社会に入っていますから、ネットワーク・セントリックで軍の運用の在り方を考えていく、コンピューターを使った戦争のやり方です。それに使いやすいような軍の編成を考えて、陸軍・空軍・海軍それぞれが軍のありようを変えていく、という動きが出てきました。

アメリカは冷戦の最中は、仮想敵を取り囲むような形で米軍を海外に配置していました。もはや仮想敵に対して世界的に米軍を配置する必要がなくなりますので、次の新しい敵に対して迅速対処できるような形で海外の基地構造を転換する必要がある。軍自体を変革していくことと同時に、世界的な軍の配置の仕方、基地の在り方もリンクして変えていく。

それと同時に、アメリカの一極支配と言いますけれども、アメリカ単独でそういう脅威に対して立ち向かうのは限界があります。使える同盟は使いますが、これまでのように仮想敵に対する同盟関係を結んで戦うのではなくて、連合による戦争、コアリションと言っておりますが、やる意志がある者だけが寄り集まって、この指止まれで戦争をしていく。コアリションを形成する元同盟国・友好国の軍の在り方も、アメリカの変革した軍と一緒に戦うわけですから、共同作戦をし得るような形にリンクして変革させなければならない。

このように米軍再編と言われていることがらは、9.11テロの前に全部、布石が打たれておりました。3つの様相ですね。基地を再配置する、いわゆる基地問題。米軍自身の変革、トランスフォーメーション。そして同盟を変える、アライアンス・トランスフォーメーション。この3つの様相を持ったものがワンセットとして動き出したのは、9.11テロ以前です。ブッシュ政権は早くからそういうものを目指していた。

で、このテロの結果、そういうふうに非対称的な敵、トランスナショナルなスレットによる事件が目の前に起こってきたわけですので、方針は正しかったということでそれを推進すると、いうふうに事態は動いてくるわけです。アメリカはアフガニスタンに対して戦争し、イラクに対して戦争をする。アフガニスタンの場合はNATO、日米、ANZASの同盟を使って一緒に戦争をしました。イラクになるとNATOが割れますが、やれる者が一緒にやる、そういう意味でのコアリションでの戦争の形態がはっきりしてきます。

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告3 | トップページ | 日米同盟の近未来②  松尾高志 »

平権懇2007年第2回学習会 日米同盟の近未来①~⑦」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15428509

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟の近未来①  松尾高志:

» 「日米同盟の近未来」 松尾高志さんの報告 [JCJ神奈川支部ブログ]
平和に生きる権利の確立をめざす懇談会 のブログ版で、松尾高志さんの「日米同盟の近未来」という、日米安全保障協議委員会の合意文書を分析した連続学習会でも報告が掲載されています。  松尾さんは、米軍改革は9.11テロ... [続きを読む]

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告3 | トップページ | 日米同盟の近未来②  松尾高志 »

無料ブログはココログ