2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 | トップページ | 読む・読もう・読めば12 綱領を読む »

2007/07/30

自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告5

私たちが、「2007参院選憲法9条アンケート運動」に追われているうちに各地の訴訟で進展がありました。まずは大訴訟団の名古屋の報告です。

証人2人を採用 いよいよ事実審理へ

「自衛隊イラク派兵差止訴訟の会・名古屋」第5回控訴審

6月19日に行われた第5回控訴審(一次~五次原告訴訟)で小林武さん(愛知大学法科大学院教授)と山田朗さん(明治大学教授)が証人として採用されました。小林武さんは10月25日の第6回控訴審。山田さんは来年1月31日の第7回控訴審で、それぞれ尋問が行われます。

その内容ですが、小林さんは平和的生存権、原告の権利侵害、派兵の違憲性について証言します。山田さんはご自身が研究されている日本近代政治史・軍事史の研究から、自衛隊の軍事的発展を説き自衛隊派兵の軍事的意義を述べ、イラク派兵を批判する計画です。

第5回控訴審では、最初にジャーナリストの西谷文和さんが撮影した最新映像「イラク 戦場からの告発」が上映されました。イラクのあまりの悲惨さに法廷内はすすり泣きが絶えませんでした。

準備書面としては「集団的自衛権」「板垣雄三論」「情報保全隊(留保)」「被侵害利益各論」「間接民主制」「事実関係」の6本を陳述しました。

特に「集団的自衛権」の書面は、安倍首相が私的諮問機関として「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を設置し、集団的自衛権の見直しを指示したことを批判するものとなっており、ぜひ、ご一読いただきたい弁護団の労作です

(2007年7月29日 杉山 隆保)

« ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 | トップページ | 読む・読もう・読めば12 綱領を読む »

杉山隆保 コラム「自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15943213

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告5:

« ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 | トップページ | 読む・読もう・読めば12 綱領を読む »

無料ブログはココログ