2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 参議院議員選挙立候補予定者へのアンケート 最終結果 | トップページ | ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 »

2007/07/19

最終報告

7月11日に国会記者会で集計結果を発表した後、締切に遅れて本日(2007/7/18)までに到着した回答が6通ありました。この結果、回答数160、回答率45.20%となりました。別掲の「結果発表」を新データに差し替えます。これをもって最終結果といたします。

« 参議院議員選挙立候補予定者へのアンケート 最終結果 | トップページ | ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 »

2007参院選憲法9条アンケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終報告:

» 参院選立候補者に「九条」を問う [JCJ機関紙部ブログ]
 07年7月号の記事から。後から紹介しても運動にならないし、全文を掲載する必要があると判断しました。 参院選立候補者に「九条」を問う 2007参院選憲法9条アンケート実行委員会の行ったアンケート結果が、平和に生きる権利の確立をめざす懇談会(平権懇)の ○へいけんこんブログ http://heikenkon.cocolog-nifty.com/blog/ に発表されている。  7月3日から10日に、今度の参院選挙の立候補予定者354人に「日本国憲法第9条を改正して、自衛隊を国防... [続きを読む]

» 護憲候補者リストの最終アップデート:民主党候補の圧倒的多数(7割)は護憲派であることが判明した [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
今回の参議院選挙は,「改憲・護憲」をテーマにするか否かに関わらず,その問題を避けて通ることはできない.なぜなら,参議院議員には6年間という安定した任期が保障されているため,3年後に凍結解除されることになっている国会における改憲論議に,今回選出される参議院議員が関わらざるを得ないことは確定しているからである.このような意味で,各党候補者,特に民主党候補が「改憲・護憲」のどちらの立場であるのかは有権者にとって第一義的な重要度を持つ情報であり,多くのアンケート調査が実施され,また過去の発言やホームページの... [続きを読む]

« 参議院議員選挙立候補予定者へのアンケート 最終結果 | トップページ | ジャーナリスト・高野孟氏を迎えて学習会 »

無料ブログはココログ