2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告6 | トップページ | 読む・読もう・読めば 13 原爆詩を読む »

2007/08/02

自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告7

「箕輪登さんのパートナーが訴訟受継申立
自衛隊情報保全隊の監視活動についても陳述
「自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟 第17回弁論」

625日の17回「自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟」の弁論で箕輪登さんのパートナーが訴訟受継申立てをしました。また、自衛隊情報保全隊の監視活動について陳述を行いました。

この日はまず、原告2人が意見陳述しました。

小林久公さんは、歴史認識、戦後補償などを取り組んできた市民活動家です。その活動を通じて、アジアの友人たちが口を揃えて「いま世界で一番危険な国は日本である」と述べている、それにどう応えるべきか。強制連行犠牲者の遺骨を発掘して遺族に返す市民レベルの取り組みの意義などについて、語りました。

多田崇子さんは、箕輪さんと選挙でいつも厳しいたたかいをしていた故多田光雄議員(共産党)のパートナーで、お医者さんです。箕輪さんの訴訟を知って驚き、箕輪さんを直接尋ね、その真意を知って、医師会の中で箕輪訴訟賛同の署名を集めてまわり「自民党と共産党が一緒か。それは面白い」と評判になり、支持の輪が広がったこと、彼女自身の医師としての生きざまと平和憲法とのかかわりについて話されました。

二人とも陳述後、傍聴席から拍手が沸き起こりましたが、裁判官は全く制止しませんでした。


次に、佐藤博文弁護士が準備書面と文書提出命令申し立てについて陳述しました。準備書面は、

名古屋「田近判決」の意義とそこから敷衍した司法の役割・裁判官論

1.                   自衛隊情報保全隊の監視活動と平和的生存権侵害

2.                   原告らの法益侵害の内容(個別主張)

文書提出命令申立書は、上記2に関するものでした。

準備書面2と文書提出申立に関わり、裁判官と弁護団のやりとりになりました。裁判官は、

「情報保全隊の、特に“イラク自衛隊派遣に対する国内勢力の反対動向”について、これがイラク派兵と不可分一体の問題であるとして、イラク派兵の“実態論”“性質論”の追加的主張として行なうことは理解できる。しかし、個々の原告の具体的な権利侵害事実として主張するとなると、自衛隊がイラクに行って活動したということ自体とは異なり、新たな法益侵害の主張となるのではないか。今後これを主張・立証するとなると、この間進行協議期日で確認してきた範囲を超えることになる。裁判所としては疑問である」と、述べました。

そこで、7月23日(月)に進行協議期日を設けて、裁判官の問題提起に対する書面を弁護団から提出し、今後の主張、立証について協議することになりました。

次回の弁論期日(第18回)は9月3日(月) 午後1時30分から3時までと決まりました。(2007.7.31 杉山 隆保)

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告6 | トップページ | 読む・読もう・読めば 13 原爆詩を読む »

杉山隆保 コラム「自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/15977878

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告7:

» 07年8月号の記事 [JCJ機関紙部ブログ]
「ジャーナリスト」07年8月号を今日、会員に発送しました。 応募・推薦作品一覧、受賞作品一覧があるので、機関紙を11日の贈賞式の資料につけます。  2007年8月号 1面 第50回JCJ賞決まる 大賞は熊本日日「水俣病50年」 集団自決、9条改憲、難民化する若者… 受賞作品一覧 情報通信法中間取りまとめ 表現の自由、侵す恐れ 放送内容を審査、HP/ブログにも規制の網         日隅一雄(弁護士) コミックJCJ 2面 JCJ賞選考経過(1面から続く)... [続きを読む]

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告6 | トップページ | 読む・読もう・読めば 13 原爆詩を読む »

無料ブログはココログ