2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 16 バトンタッチ | トップページ | ありがとうございました »

2007/10/08

シンポジウム「なくそう!医師の過労死」過酷な医療現場の改善をめざして

過酷な労働条件で勤務し、過労死に至る医師。
医療現場の改善をはかるため、多くの方々に参加していただきたいシンポジウムです

日 時:2007年11月14日(水)
    17時30分開場 18時開会(21時終了予定)
会 場:中央大学駿河台記念会議室
    〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
参加費:無料
定 員:約150名
申込み:できるだけ事前に、Eメールまたはファクシミリ、郵送でお申し込み下さい。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-17 ICNビル4階 川人法律事務所内  過労死弁護団全国連絡会議事務局 FAX03-3813-6902
Eメール:1114@kwlaw.org
【シンポジウム】パネラー
 ●岡井 崇 氏(産婦人科医・昭和大学主任教授)
  近著に大学病院の女性産科医をテーマにした小説「ノーフォールト」(早川書房)がある。
 ●千葉 康之 氏(小児科医・ちばこどもクリニック院長)
  小児神経学・睡眠学を専門領域とする。論文多数。
 ●塚田 真紀子 氏(ジャーナリスト)
  著書に、過労死で亡くなった研修医のルポルタージュ「研修医はなぜ死んだ?」(日本評論社)がある。
 ●松丸 正(弁護士・過労死弁護団全国連絡会議代表幹事)
  多くの医師の過労死事件を担当している。
 コーディネーター
  川人 博(弁護士・過労死弁護団全国連絡会議幹事長)

※全国から、亡くなった医師のご遺族が参加し、発言される予定。
主催 過労死弁護団全国連絡会議(事務局 TEL03-3813-6999)

« 読む・読もう・読めば 16 バトンタッチ | トップページ | ありがとうございました »

社会・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/16702676

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「なくそう!医師の過労死」過酷な医療現場の改善をめざして:

« 読む・読もう・読めば 16 バトンタッチ | トップページ | ありがとうございました »

無料ブログはココログ