2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/28

読む・読もう・読めば 24

スズキ君の出自

朝日新聞の別刷「be127日付、「築地おさかな図鑑」がヒラスズキについて書いていた。スズキと近縁種でより高級食材とされている魚だ。築地の鮨屋さんの話から始まるのだから、もっと楽しいコラムにすればいいのに、半分以上の行数を分類の話に当てて、ヒラスズキがスズキと別種と分かってからわずか50年、と強調している。では、分類の話をしようか。

高等学校生物に時間に習ってご承知のとおり、動物の分類には上から門・綱(こう)・目(もく)・科・属・種というランクがある。スズキは、スズキ目スズキ科スズキ属スズキであって、学名はLateolabrax japonicus。淡水域まで川を遡るセイゴやフッコ(ともにスズキの幼名)、宍道湖の奉書焼をはじめとする名物料理、心躍るルアー釣りなど、楽しい話はいくらもある。ヒラスズキは同属で、Lateolabrax latus。静岡以南の海でしか獲れないと思う。分類については、スズキ属が科の段階ではどのような仲間と一緒にされるかで3説がある。記事はスズキ目が多くの種を含むことを強調するのみで上のような基本的なことについて何も書いていない。スズキの仲間の分類について述べるなら、さらにタイリクスズキについてもっときちんと位置づけしてほしいところだ。

記事の最末尾に、「今では中国沿岸部のタイリクスズキという種もスズキ一族に加えられている」とだけ書かれている。「一族」とは分類のランクでいう目なのか科なのか属なのか? みんなスズキ君だからね。正解は属。しかもタイリクスズキがスズキと同属別種と認定されたのは1995年で、ヒラスズキの1957年よりずっと新しい。ただしタイリクスズキはいまなお学名が確定していない(Lateolabrax maculatusという学名を使う人もあるが)。

海釣り愛好家や漁師さんたちの間ではこのタイリクスズキがいまや大問題になりつつある。もともと日本近海にはいない魚だった。1980年代に韓国・中国から養殖のため導入したところ、大食いで成長が早いのはありがたいが逃げ出して増殖してしまい、海域によってはスズキを駆逐しつつある。海のブラックバスといった状況だ。釣り上げたのはスズキなのかヒラスズキなのかタイリクスズキなのか、はて。外見だけで見分けるのは難しい。そしていま東京のデパ地下で安く売られているのは? 

(大内要三 2008128日)

2008/01/24

総会のお知らせ

「平和に生きる権利の確立をめざす懇談会」会員のみなさまへ
「平権懇」は、昨年から「学習会」の開催と「へいけんこんブログ」による発信に活動スタイルが変わりました。総会を下記の日時で行ないます。ご意見、ご要望がありましたらお寄せ下さい。

1月30日(水)午後6時30分から
 ・昨年の報告
 ・議題 今年の企画
  松尾高志著作集発刊準備について
  会計報告
  今年の予算
●集合場所 毎日新聞社1階の受付付近(東京メトロ竹橋駅下車。パレスサイドビル1階)に午後6時20分までにいらして下さい。なお、遅れて来られた方は、090・5341・1169(杉山)までご連絡下さい。

2008/01/14

読む・読もう・読めば 23

看板と中身

昨年、国民投票法がさまざまな制約を課されてかろうじて成立することにより、表だっての憲法改正は遠のいた。昨年の政局を単純化して言えば、「9条の会」が安倍改憲政権を打倒したのだ。しかし今年に入って、インド洋で侵略戦争遂行国のためのガソリンスタンドを再開する法案が成立したように、私どもの国家は戦争協力国、戦争参加国であることを続けており、憲法9条という看板の裏はあまり人様にお見せできるものではなくなっている。

丸山眞男は196411月の憲法研究会で、「憲法9条をめぐる若干の考察」と題して次のように語った。

1928に締結され、日本自身も加わった『不戦条約』においては、第1条で『締約国は国際紛争解決のため戦争に訴えることを不正とし、』かつ『国家政策の手段としての戦争を放棄すること』を厳粛に宣言しました。大日本帝国といえども、原則としては国策遂行の手段としての戦争放棄にかつて一度はコミットしているわけであります。……戦前においてすでに原則としてコミットしていたものを、新憲法のなかでただ明文化したにすぎないことになります。……平和主義の理想の堅持については、改憲論者も含めて全員一致しているということは、実質的にはなにごとも言わないのに均しいのではなかろうか。」

「私は、第9条の規定には、それよりもう一歩進めた思想的意味が含まれていると思うわけです。ということは、第9条、あるいはこれと関連する前文の精神は政策決定の方向づけを示しているということです。政策決定の方向性を現実に制約する規定である。したがって主権者たる国民としても、一つ一つの政府の措置が果してそういう方向性をもっているかを吟味し、監視するかしないか、それによって第9条はますます空文にもなれば、また生きたものにもなるのだと思います。」

「ますます空文」になった9条を守れと言うだけでは、「実質的にはなにごとも言わないのに均しいのではなかろうか」。中身を掘り崩すことに抗すること、中身を作っていくことが9条を守ることなのだと、当たり前のことをあらためて感ずる新年が明けた。

(大内要三 2008114日)

2008/01/12

自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告13 ②

6.判決の中で、積極的に評価できる点は、下の3点にとどまる。

第1に、箕輪さん本人尋問、山田先生証人尋問などを実現した実質審理を反映して、損害賠償(慰謝料)について却下でなく棄却判決であること。これは、06年7月の関西訴訟判決、前記名古屋判決に続くものである。

第2に、「原告らが、それぞれの立場,信条等から、平和のうちに生きたい、戦争行為や人殺しには加担したくないとの心情等を有し、本件派遣に対して不安や嫌悪感を抱き、その実施に強く反対していることは容易に認めることができるところであり、自衛隊法が成立した際、『自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議』がされていることなど、我が国における歴史的な経緯等にかんがみれば、原告らのそうした心情等は軽視されてよいものではない」(18頁)等と、原告らの訴えに対する理解と共感を示していることである。

第3に、結審間際に問題になった自衛隊情報保全隊のイラク派兵反対運動監視について、「本件派遣に際して、自衛隊保全隊による国民に対する情報収集活動が行われていたことがうかがわれ、そうした国民一般に対する情報収集活動自体はゆゆしき問題と言わざるを得ない」として(19頁)、「当該情報収集活動をもって本件派遣の違法性を基礎付ける事情として考慮することは格別」云々と(結論的には原告ら個人に対する侵害はないとした)、これがイラク派兵と一体の問題であるとする認識を示し、直接の監視対象となれば法益侵害性が認められることを示唆していることである。これは、07年10月5日に提訴した仙台新訴訟(情報保全隊の監視対象になった原告が国賠提訴)につながるものである。

7.弁護団は、今回の判決を確定させることは到底できない。原告団も、同様に控訴してたたかう決意を明らかにした。

自衛隊がイラクへ派遣され続けている現在、私たち一人一人に、主権者としての責任が問われている。私たちには司法府に対し、「憲法の番人」としての責任を果たさせる不断の努力を行う責務がある。 

私たちは,一日も早い自衛隊の全面撤退を目指し、引き続き裁判所に自衛隊派兵の違憲性を訴えていくとともに、平和憲法の破壊を食い止めるたたかいを続ける決意である。
                                    以上

◆参考資料-全国訴訟の到達点

■06年7月20日、関西訴訟判決、派遣差止請求について「却下」ではなく「棄却」の判決。

門前払いから実質審理へ

原告らの陳述書や本人尋問に立った原告名を全部列挙し、さらに「弁論の全趣旨によれば、原告らが、本件派遣等によって、生命・身体に対する危険を覚えたり、戦争に加担しないで平和に生きたいという思い、人殺しに加担したくないとの信念、自己の納める税金を戦費に使用されたくないとの願いを否定され、精神的苦痛を被ったことが認められる」と判示し、「人格権に基づく本件派遣等差し止めの訴えは適法」として、門前払いの「却下」ではなく、実体審理入りの「棄却」判決を言い渡した。それまでの山梨、名古屋、静岡が、原告らの「人格権又は保護に値する人格的利益が侵害されたとはおよそ認められない」とする却下判決からは、一歩前進である。イラク人2名を含む千人を超える原告団と証拠調べ(原告本人尋問)実施の成果である。

しかし、他方で「間接民主制の下において決定、実施された国家の措置、施策が自らの信条又は憲法及び法の解釈に反することによる個人としての憤慨の情、不快感、焦燥感、挫折感等によるものというべきであり、かかる苦痛は、多数決原理を基礎とする決定に不可避的に伴うものであって、間接民主制の下における政策批判や、原告らの見解の正当性を広めるための活動等によって回復されるべきものである」として、結局法的保護に値する利益であるとは言えないとしたのは、裁判所が政治の下僕となり、裁判所に付与された違憲立法審査権の意義を理解しないものである。

■07年3月23日名古屋第7次訴訟、法解釈の一般論で、平和的生存権の具体的権利性、裁判規範性を正面から認める画期的判決!(「定点報告 2」を参照)


名古屋の第7次訴訟判決(田近正則裁判長)は,結論は敗訴だが、平和的生存権と私法上の権利の部分で大きな前進を勝ち取った。判決は「平和」は抽象的概念でその達成の手段方法が一義的でないとし、直ちには具体的権利性があると言えないと否定したが、それに続けて、次のように判示した。

「もっとも、平和的生存権は、すべての基本的人権の基礎にあってその享有を可能ならしめる基底的権利であり、憲法9条は、かかる国民の平和的生存権を国の行為の側から規定しこれを保障しようとするものであり、また、憲法第三章の基本的人権の各規定の解釈においても平和的生存権の保障の趣旨が最大限に活かされるよう解釈すべきことはもちろんであって(もとより国家の存立にかかわる国の行為についての違憲性の判断は間接民主制の統治システムが円滑に機能している限り慎重かつ謙抑になされるべきであるが)、憲法9条に違反する国の行為によって個人の生命、自由が侵害されず、又侵害の危機にさらされない権利、同条に違反する戦争の遂行ないし武力の行使のために個人の基本的人権が制約されない権利が、憲法上保障されているものと解すべきであり、その限度では、他の人権規定と相まって具体的権利性を有する場面がありうるというべきである」

平和的生存権を全ての権利の「基底的権利」としてその重要性を認め、憲法上の権利として具体的権利性を認められる場合があることを認めたのである。さらには、「国家の存立にかかわる国の行為についての違憲性の判断は間接民主制の統治システムが円滑に機能している限り慎重かつ謙抑になされるべき」とし、そうでない場合には積極的に司法判断を行う可能性を示している点も評価できる。

人格権侵害については、これまでの棄却判決と同様に、内心の感情の侵害であって人格権侵害にあたらないとの結論だったが、それに続く一般論の部分で、次のように一定の場合には肯定し得ると判示した。

「もっとも、憲法前文及び9条の法文並びにそれらの歴史的経緯にかんがみれば、憲法の下において、戦争のない又は武力行使をしない日本で平穏に生活する利益(かかる利益を平和的生存権と呼ぶか否かは別として)が法的保護に値すると解すべき場合がまったくないとはいえず、憲法九条に違反する国の行為によって生活の平穏が害された場合には損害賠償の対象となり得る法的利益(人格権ないし幸福追求権)の侵害があると認めることもまったく不可能なことではないというべきである」

これは,長沼判決以後、平和的生存権の価値について最も高く評価した判決である。結論は敗訴だが,平和的生存権の確立を求める闘いに展望を示すものとなった。
(杉山隆保・2008/01/12)

2008/01/11

自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告13 ①

「自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟」一審判決に対する弁護団見解①

「自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟」の第1審の判決が昨年の11月19日に示されました。「イラク派兵違憲訴訟」の発端の訴訟でもありますので「弁護団の見解」をご紹介します。なお、訴訟は控訴されています。

判決に対する弁護団の見解(記者会見での説明要旨)

1.2007年11月19日午後1時10分、札幌地方裁判所民事1部(竹田光広裁判長)は,04年1月28日に元自民党代議士・防衛政務次官の故箕輪登氏が提起した自衛隊イラク派兵差止等請求訴訟について、派兵差止については請求却下,損害賠償(慰謝料)請求については請求棄却とする不当判決を言い渡した。

判決に立ち会った原告らは、札幌高裁に控訴する意向を明らかにした。

2.本訴訟は、自衛隊のイラク派兵は、自衛隊創設以来の政府見解である「専守防衛」に反するとして、他ならぬその政府・与党に籍を置いてきた箕輪登氏が提起した訴訟である。その後、憲法9条と自衛隊に関する憲法解釈の違いという「大異」を留保し、「自衛隊の海外派兵は違憲」という大同で一致する道内32名の有識者が追加提訴した。

本年9月結審までの3年7か月,米英が開始したイラク戦争が国際法違反の侵略戦争であること,自衛隊の活動実態は憲法9条が禁止する「武力の行使」にあたること、「人道復興支援」という虚構の下に行ったイラクの人々に対する戦争加害行為を、のべ26名の原告意見陳述、1439点の書証,箕輪登氏と山田朗氏の証人尋問なとによって明らかにし,憲法が国民に保障した「平和のうちに生きる権利」が侵害されたとして、自衛隊イラク派兵の違憲性を真正面から訴えてきた。裁判官に対し、今こそ憲法の番人としての職責を果たすよう求めた。

しかるに、判決は、平和に生きる権利の具体的権利性を認め、自衛隊の海外派遣が違憲判断の対象になり得ることを一般論として認めた今年3月23日名古屋地裁判決から大きく後退する内容であり、厳しく批判せざるをえない。

3.判決は、原告らの差止請求が、「行政権の行使の取り消し、変更又はその発動を求める請求を包含するもの」であるから、民事上の請求としては差止請求が認められる余地は無いとして、不適法であるとした。

しかし、行政法上の救済規定がないからかような法律構成をしたのであり、かかる法理を認めた判例もある。今回の判決の立場は、憲法を守るべき司法府が、下位法に規定が無いことを理由にその職責を放棄するという、「法の下克上」を認めるものであり、到底容認できない。

4.判決は、憲法前文と第9条の「恒久平和主義が憲法が希求する極めて重要な理念であることはいうまでもなく、平和のうちに生存することは、平和的生存権の保障の基礎的な条件であって、人権の保障と平和の維持が密接に関連するものであることは否定できないところである」と言いながらも、その具体的権利性については「そもそも、原告らの主張する平和的生存権にいう『平和』とは、理念ないし目的としての抽象的概念であって、その内包する内容も多様なものであるし、その外延も必ずしも明確なものとは言い難い。『平和』とは、必ずしも個人の内心において達成し得るものではなく、他者との関係も含めて達成し得るものであって、これを達成する手段、方法も多様なものであると言わざるを得ないのであるから、憲法前文の定める「平和のうちに生存する権利」自体から、個々の国民が有する平和的生存権の具体的な意味・内容を直接に導き出すことはできない」とし、にべもなく否定した。

これは、原告らが全力をあげて主張・立証した「人権の中の人権」としての平和的生存権の意義と内容を真摯に検討することを放棄し、さらに、平和を「個人の内心」の問題に矮小化し、挙げ句、「他者との関係も含めて達成し得るものであり、これを達成する手段、方法も多様なものである」と言うに至っては、憲法の非戦・非武装の規範すら忘れ去り、武力による「平和」実現も許容しかねない言い方である。この無思慮、無定見に慄然とする。

5.さらに判決は、原告らの被侵害利益としての生命・身体,自由、幸福追求に対する権利について、「原告らが,平和のうちに生きたい、戦争行為や人殺しには加担したくないとの心情を被ったとしても、その苦痛そのものは、多数決原理を基礎とする間接民主主義の下において、国家が決定、実施する措置、施策が自ら信条や憲法及び法解釈に反することによって生ずる個人としての反感、不満、不快感、焦燥感、挫折感等の感情であると言わざるを得ない」と、切って捨てた。

わが憲法が裁判所に違憲立法審査権を付与したのは、多数決原理に基づく立法・行政行為により違憲行為が行われ得るからこそである。あのヒトラ-政権でさえ、当時最も民主的とされたワイマ-ル憲法の間接民主制の下で成立したものだった。この間接民主制の落とし穴を、人権保障を基本とする「法の支配」により克服することが、戦後国際社会と立憲国家のテ-マであった。今回の判決は、少なくともわが憲法の恒久平和主義に関し、司法府の行政府に対するチェック放棄の宣言であり、司法の自殺行為である。

その裏返しとして、判決は、原告らの主張を政治的少数者の「反感、不満、不快感、焦燥感、挫折感等の感情である」と決めつけた。「戦争に加担することを拒絶する権利」の本質は、再び「侵略した側」として歴史に刻まれたくないとする戦後平和憲法の下で培われてきた日本国民のまっとうな「平和を求める良心」である。戦争体験の有無や年齢、宗教や職業など人によってバックボ-ンは異なっても、大多数の国民が共有するいわば「公的良心」とも言うべき性格を有し、その内容は明確である。この探求を放棄し、様々な分野の第一人者の訴えを、低俗なレベルでしか理解できない裁判官には、もはや人権や平和を語る資格がないとさえ言えよう。
(杉山隆保・2008/01/11)

2008/01/10

自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告12

悲しい知らせが届きました。「イラク派兵違憲訴訟の会・栃木」の山口代表がお亡くなりになりました。

「イラク派兵違憲訴訟」は「全国津々浦々に展開する訴訟」「市民が事実を知り、知らせ、連帯する、市民運動としての訴訟」として、新しい平和訴訟のあり方を示してきました。「栃木訴訟」は昨年の6月に上告審が棄却され終結しました。その後も山口さんは各地の訴訟支援、協力を怠らない方でした。

ご冥福を心からお祈りいたします。 

(杉山 隆保・2008/01/10)

2008/01/01

あけましておめでとうございます

今年も「へいけんこんブログ」をよろしく御願いいたします

116日~2月15日(金)西村繁男展 

毎日新聞社社員食堂 「壁の会」主催

「読売絵本大賞」受賞者の西村さんの作品展です。

2月1日(金)午後6時30分より

憲法よもやま講座 ~20年誌出版記念特別版~

「憲法くん出番ですよ 憲法フェスティバル20年」出版記念会

ジェームス三木さん(脚本家)のお話、松元ヒロさんのコント、横井久美子さんの歌があります。

3月下旬ないしは4月上旬

「松尾高志著作集」出版記念のつどい

「平権懇」の仲間で、昨年6月に亡くなった松尾高志さんが書き残したものを刊行委員会がまとめました。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

無料ブログはココログ