2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神⑦ | トップページ | 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』 イージス艦の漁船衝突事件に際しての声明 »

2008/02/26

戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神⑧

20071215日 田島泰彦

抵抗の支えとしての日本国憲法

いずれにしてもいまの状況を見ると、ますます言論統制という面でも、戦時へと一歩一歩向かっている状況ですし、さらには戦時自体に足を踏み込む事態もあるというのは、残念ながら事実と言わざるを得ません。ただ、我々がこういう現実を仕方がないと黙っていなければいけないかというと、これは戦前とちょっと違うところがあるだろうと私は思います。

すなわち我々の憲法はいま改正のターゲットになっていますけれども、いまのところ憲法が変えられるという状況はないわけです。日本国憲法、とくにその中でも9条に書かれている平和条項、徹底的な非武装・非軍事の平和条項と、さらにいっさいの制限を受けない表現の自由の規定ですね、こういうものを我々が持っている限り、やはり非常に有力な抵抗の武器になるのではないか。

戦前の厳しい状況を考えると、明治憲法はそういう役割を果たすのはやはり難しかったわけです。それと比べると、先人たちの努力によって我々が作り上げてきた成果でもあるわけですけれども、我々は闘いに挑む武器というか手段を持ち得ているということですね。これはやはり我々がきちんと再確認すべきことです。日本国憲法があることによって多くの人たちに、いろいろ訴えることが可能なわけですね。とりわけ表現の自由という武器をもって、まあ表現に対する言論の規制は強まっていますけれども、全部なくなっているわけではもちろんないわけですから、そういうものも使って人々に働きかける、いまの事態が何であり、どうしなくてはいけないのかを言うことはもちろんできるわけです。そういうことを支えにして、いま向かっている方向に異議申立をして諍っていくということが、我々のすべきことかなと考えています。

状況は厳しいのは確かですけれども、そういうところを希望に持ってやっていくしかないかなというのが、いま思っていることです。

[付記]

軍事をも含む言論・メディア統制については、私の下記の文献を参照されたい。『この国に言論の自由はあるのか表現・メディア規制を問う』(岩波ブックレット・2004)、「統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア」法の科学38(2007)

なお、GSOMIAについては、福好昌治「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の比較分析」レファレンス200711月号も参照のこと。

« 戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神⑦ | トップページ | 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』 イージス艦の漁船衝突事件に際しての声明 »

平権懇 2007年第5回学習会 戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/40179197

この記事へのトラックバック一覧です: 戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神⑧:

« 戦時に向かう言論統制と日本国憲法の精神⑦ | トップページ | 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』 イージス艦の漁船衝突事件に際しての声明 »

無料ブログはココログ