2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 28 | トップページ | 読む・読もう・読めば 29 »

2008/03/31

憲法と平和2008 「平権懇」連続学習会

●第4回 裁判員制度を考える

講師  西野喜一(新潟大学法科大学院教授)

96日(土)14時~16時。毎日ホール(終了しました)

一般国民を刑事裁判に参加させる裁判員制度の実施が近づき、さまざまな疑問が生まれている。冤罪が続発するような現在の刑事司法がこれで改善されるのか。延々と長期にわたる裁判が合理的に進行するようになるのか。一般市民に「正しい」判断ができるだけの材料がきちんと提供されるのか。死刑を宣告しなければならないような立場に立ちたくないとすれば、どのようにすれば拒否できるのか。──西野先生に聞いてみよう。

西野喜一(にしの きいち)

1949年福井市生まれ。東京大学法学部卒業、ミシガン大学ロースクール修士課程修了。名古屋大学法学博士。東京地方裁判所判事補、新潟地方裁判所判事などを経て現職。著書に、『裁判の過程』(判例タイムズ社、1996年)、『法律文献学入門 法令・判例・文献の調べ方』(成文堂、2002年)、『司法過程と裁判批判論』(悠々社、2005年)などがある。いずれも専門書だが、2007年に講談社新書として一般向けに『裁判員制度の正体』を刊行。

『裁判員制度の正体』書評より

 ……(裁判員制度が実施される)その結果、「手抜き審理が横行」し「真相の追求が図られなくなる恐れがある」上に、「被告人にも、犯罪被害者にも辛く苦しい思いをさせ」、「裁判員に動員される国民の負担があまりにも大きい」という、実施の「必然性がない」「迷惑な制度が生まれた」わけである。おまけに、この法律は「費用がかかりすぎ」、「憲法に違反」している疑いまであるという。

 そんな裁判員などに選ばれて貧乏くじを引きたくない、と思う人のために、西野氏は具体的な逃れ方を細かく指南してくれる。この本の読みどころである。罰則規定で脅しをかける国家側の論理に対抗すべく、さまざまな策を提示する著者の筆致は、明快かつユーモラスだ。

 現行の司法制度が完全であるなどとは毛頭思わないが、まずやるべきは今の制度の欠点をすべて洗い出し、漸進的に改革することだろう。無謀な一足飛びで多大なリスクを負わされるのは、ご免こうむる。

 ──大岡玲 『毎日新聞』2007916

●第1回 朝鮮半島の変貌を見る 

(終了。ブログの抄録をご参照ください)http://heikenkon.cocolog-nifty.com/blog/2008/index.html

講師 上原久志(日本平和委員会理事) 3月29日(土)午後2時 会場:日本民主法律家協会http://www.jdla.jp/image/map.gif

●第2回 基地被害と環境を考える

(終了。ブログの抄録をご参照ください)

http://heikenkon.cocolog-nifty.com/blog/2008_1/index.html

講師 林 公則(大妻女子大学非常勤講師) 5月31日(土)午後2時 会場:新宿・スモン公害センター


●第3回 自衛隊の変貌を見る
講師 内藤 功(弁護士) 
7月19月(土)午後2時~4時 
会場:新宿・スモン公害センター(終了しました)

« 読む・読もう・読めば 28 | トップページ | 読む・読もう・読めば 29 »

平権懇 連続学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/40462571

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法と平和2008 「平権懇」連続学習会:

» 今年も神奈川県機関紙・ミニコミ紙宣伝コンクール [JCJ神奈川支部ブログ]
ことしも神奈川県の機関紙コンクール募集の時期がやってきました。 神奈川支部の通信を作らないでいるので、いっぱしの顔で審査にあたるのは... [続きを読む]

» 第1回「朝鮮半島の変貌を見る」 [吉田悦子.com]
「平権懇」が主催する連続学習会「憲法と平和2008」の第1回 [続きを読む]

» サミットにNO! G8サミット直前横浜集会 [JCJ神奈川支部ブログ]
洞爺湖を「最後のG8」に! 「成長」では貧困も債務もなくならない。 貧困と環境破壊・戦争をもたらす サミットにNO! G8サミット直前横浜集... [続きを読む]

« 読む・読もう・読めば 28 | トップページ | 読む・読もう・読めば 29 »

無料ブログはココログ