2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 朝鮮半島の変貌を見る① | トップページ | 朝鮮半島の変貌を見る③ »

2008/04/18

朝鮮半島の変貌を見る②

Uehara002 RSOIからキー・リザルブへ

 先ごろ行われました韓米連合軍事演習「キー・リザルブ」および「フォール・イーグル」の分析を中心にお話しするのがいちばん具体的かなと思います。「キー・リザルブ」は指揮所演習、「フォール・イーグル」は実動訓練、韓国風に言うと「野外機動演習」です。しかしこれは一体として行われています。公式にアナウンスされた期間は32日から7日までの6日間です。「キー・リザルブ」は韓国の日本語ウェブサイトでは「解決のための鍵」と訳されているようです。「フォール・イーグル」は韓国では「トクスリ」と言いますが、「クロハゲワシ」のことす。

「キー・リザルブ」は以前「ROSI」と呼ばれていたのを、今年から改称されました。中身は拡大こそすれあまり変わっていないんですが、主たるものは同じです。ROSIReseption, Staging, Onward Movemento & Integrationの略ですね。レセプションは朝鮮半島有事の際に増援する米軍の受け入れのことです。ステイジングは翻訳が悩ましいですが、ハングル訳では待機の意味になっていますね。前線よりちょっと手前のところに待機して、そこで前方に投入するための訓練をやっていく。オンワード・ムーブメントは、そこから前線に運ばれる、つまり前方展開です。そしてインテグレーションですが、部隊が動くときには兵隊と武器は必ずしも一緒に動くわけではないんです。例えば兵隊が前線に行って、弾を撃ち尽くしてしまえば再補給が必要なわけで、あるルートをとって再補給される。あるいは最初に投入されるときでも、兵隊はこっちから行くけれども武器は鉄道でこっちから行くということもあり得る。それから前線に入って他の部隊との統合を成し遂げるということも含めて、インテグレーションというのだと思います。

「キー・リザルブ」と改称されて、ある意味では格上げはされているんですが、もともとはそういう、非常に実戦的な演習であるということです。その実戦部分、野外演習部分が「フォール・イーグル」です。

参加米軍の主体は米本土部隊

 今年の演習の特徴は、これは韓国マスコミでは声を大にして主張されているんですが、参加米軍の主体がかなり米本土部隊に切り替わっているということです。全世界的に米軍がそういう戦略を打ち出しているらしくて、前方展開基地は維持するけれども削減する。いざという時にはアメリカ本土から飛んでいけばいいという方向です。

 なぜかというと、要するに駐留経費がかかるからです。いちばん金がかからないのは日本、その次は韓国ですが、他はほとんど金は出さない、下手をすると土地代を取られる。というわけで、いざというときに出せばいいんだというふうになったわけです。

 横須賀を母港としている空母キティホークが、そろそろ退役します。いま台湾の総統選とチベットの暴動があったためと言われていますが、3月18日から何日か出航しております。総統選が終わったのでまた戻って来ると思いますけれども、3月末か4月始めにはまた出航しまして、5月末にアメリカ本土に帰り着いて、退役することになっています。したがって横須賀のキティホーク空母打撃群が今回の演習では使えないわけですね。それに代わって空母ニミッツ打撃群が参加しました。空母ニミッツ打撃群は124日にもうサンディエゴを出発しました。「キー・リザルブ」が実施されるというアナウンスが米韓連合司令部からあったのは22日ですが、このアナウンスをする前に演習がすでに始まっていたわけです。

佐世保にエセックスという強襲揚陸艦があります。乗るのは沖縄にいる海兵隊です。それが昨年まではROSI演習に参加していたんですけれども、今年は128日に沖縄に到着、214日には海兵隊を積み終わりまして、アメリカとフィリピンの合同演習「バリカタン」に行ってしまった。219日にフィリピンに到着しています。「バリカタン」演習を終わってフィリピンのスービック港を出たのが37日ですから、今回の「キー・リザルブ」の「本番」日程にはまったく関与していないという、異例の事態とも言える状況がありました。そういう意味で、米本土部隊が主体になって今回の演習が行われたわけです。

« 朝鮮半島の変貌を見る① | トップページ | 朝鮮半島の変貌を見る③ »

2008年平権懇 学習会「朝鮮半島の変貌を見る」①」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/40907803

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮半島の変貌を見る②:

« 朝鮮半島の変貌を見る① | トップページ | 朝鮮半島の変貌を見る③ »

無料ブログはココログ