2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 朝鮮半島の変貌を見る② | トップページ | 「おばた」さんのコメントにお答え »

2008/04/19

朝鮮半島の変貌を見る③

Uehara003 米参加部隊の装備と訓練を公開

 もうひとつ今年の特徴は、アメリカ側の参加部隊の装備と訓練を、徹底して公開したとことです。昔は「チーム・スピリット」演習をやっていましたので、1978年からその際の横田基地監視活動に参加してきましたが、そのころ韓国は軍事独裁政権の時代でしたから、何がどう起こっているのか、さっぱり分からなかった。今はネット社会のおかげで英文とハングルの資料が読めますけれども、こんなに出したのは初めてです。それでもまだ隠されている部分があると思いますが、とにかく徹底して公開したということです。

 資料を読みますが、「連合司令部、『キー・リザルブ』演習浮上に総力」という、228日付の聯合ニュースです。

韓米連合司令部が「参加する米軍戦力と実際の訓練過程をすべて公開しその背景に関心が集まっている」。「すでに24日にはアラスカから韓国に展開されたストライカー戦闘旅団の実射撃訓練を、26日には原子力潜水艦オハイオも公開した」。「すべてを公開することでこの演習の『浮上』に総力を注いでいる状況だ」。「米軍はこの間この演習に参加する航空母艦を公開したことはあったが、原子力潜水艦に対する接近は徹底して遮断してきた」。

実際、チネ(鎮海)港に原潜がいることを緑色連合が暴露しまして、放射性物質を山の上に捨てているんじゃないかという告発もやって、問題になったことがあります。ところが今回は原潜を堂々と丸見えのプサン(釜山)港に係留して、マスコミ公開までやった。

 原潜オハイオが来るということはだいぶ前から報道されていたんですが、そのオハイオの中身が問題でした。というのは、オハイオはトライデント・ミサイルを積む戦略ミサイル原潜として建造されたわけです。しかし数年前にはオハイオ・クラスの4隻を改造しまして、大量にトマホークを発射する、それから海軍の特殊作戦部隊シールズを海中から秘密潜行艇で敵の奥深くに浸透させていく、という任務に変えられているんです。実際にプサンで公開されたときには新しい能力で公開したんですが、それまではトライデント原潜としての古い情報で公開しておりました。

「米軍が演習に参加する核心戦力と訓練日程を公開するよう許容したことに対して一部では一種の対北武力示威だという分析も出されている。キー・リザルブ演習の目的が対北抑止力強化にあるために北韓(韓国では「北朝鮮」とは絶対に呼ばないわけで北韓。韓国マスコミも日本向けに出すときは「北朝鮮」に直しています)に武力挑発の誤った判断を犯してはいけないという心理的圧迫を加えるためではないかという分析だ」。

「しかし実際の戦闘と類似した状況の訓練過程はもちろん、原子力潜水艦まで詳細に公開することで、むしろ北韓を不必要に刺激しうるという指摘もなくはない。連合司令部関係者は『米軍は訓練をするたびごとに公開するという立場』だとし『実際の訓練内容をすべて合わせてみればそれほど大きい規模ではない』と述べた」。それは北朝鮮から見てもわかるだろう、ということですね。これは当たっているのかどうか分かりませんが。

公式開始日以前から始まっていた

 どんなふうに進められたかを見ていきます。ニミッツ空母打撃群は124日にサンディエゴを出港して、28日付で第7艦隊に移管しております。それまでは東太平洋の第3艦隊に所属していたわけですが、キティホークの代わりということで第7艦隊に移管した。29日にはロシアの爆撃機4機が日本の領空を侵犯して、そのうちの2機がニミッツに接近したという事件がありました。11日にはニミッツは佐世保に入りまして、15日にはもう出港しております。それからプサン(釜山)に入るまでの間、何をやっていたかは明らかではありません。いろいろな事前の演習をやっていたんだろうと思います。

 同じ215日にはテグ(大邱)、ちょうど韓国では真ん中へんの内陸ですけれども、そこにC17という輸送機でアメリカのストライカー小隊が到着しております。ストライカーはいまイラクでさかんに使われている装輪装甲車です。タイヤを8本使っていますが、戦車よりも機動性が高いものです。

 21920日にはチネ(鎮海)に事前集積船のルマス、4万トンクラスですが、沖縄の第3海兵隊の兵器・弾薬コンテナを荷卸ししております。オハイオが21日にプサンに入港。翌22日には韓米合同演習の事前指揮所演習が行われておりますが、これは韓米両国の将校・参謀クラス、主要指揮官のブリーフィングに近いものだったと思います。ずらっと並んで説明を聞いているというような写真が出ていましたので。23日には早くもストライカー部隊は、休戦ラインに近いロドリゲス演習場で訓練したという報道がありました。

26日にオハイオがプサンでマスコミ公開。同じ日にチネで事前集積艦のルマスと、洋上補給艦のホウィーラーが公開されました。韓国の報道では船の名前は出てこなかったんですが、あとでアメリカ海軍の報道で詳しい内容が分かったわけです。洋上補給艦のホウィーラーは、パイプを8マイルつないで補給艦ルマスまで油を持って行ける。ルマスからは2マイルのホースを伸ばして相手の船に給油できる。だからホウィーラーから半径10マイルまで給油ができるという、恐ろしい能力を持っている。このときは10マイルは伸ばさなかったと思いますが、デモンストレーションをやったそうです。パイプがつながっているところの写真は公開されておりません。

 27日には米本土ワシントン州フォートルイスにあります特殊作戦部隊が、ソウル南方のソンナム(城南)基地で韓国兵を特訓中だという記事が出ています。28日にニミッツ、プリンストン、ジョン・ポール・ジョーンズの3隻がプサンに入港して、ニミッツが公開されております。同じ28日にはニミッツ空母打撃群のチャッフィーと、横須賀を母港とするマッケインが、半島東側のかなり北朝鮮寄りのトンヘ(東海)に入っております。同じ日にこれもニミッツ空母打撃群のヒギンズがポハン(浦項)に入港しております。29日にはチネで、カリフォルニア州ヒュエメネのシービーズ、これは海軍の工兵部隊と言っていいかと思いますが、滑走路の緊急復旧訓練をやっております。

トンヘに入港したマッケインは31日に、今までのはみんなマスコミ公開だったんですが、ここで住民も含めて一般公開されております。一般公開されたのはこのマッケインだけです。

 カリフォルニア州にはトゥエンティーナイン・パームズという広大な基地がありますが、その第1海兵師団の第7連隊が同じ1日、ロドリゲス演習場で手本を見せて、市街戦訓練をやった。また岩国の米海軍は、海兵隊とFA18を共同運用しておりますので、このときは海軍の指揮下でやったんだと思いますが、ロドリゲス演習場内で模擬弾を投下した。ちゃんと在日米軍からも来ているわけですね。この岩国のFA18は、韓国の中部イエチョン(禮泉)という韓国軍の空軍基地に750名が約1ヵ月間展開しました。単に爆撃演習とかをやっただけではない。1個中隊は本来、600人ぐらいですから、750人というのはたぶん地上支援する部隊を含めてですね。基地防衛だとか、NBC対処だとか、そういうことをする部隊も連れて行ったので、こういう人数になったのではないか。

 というわけで、演習が公式に開始されるのは32日ですが、それ以前にもうこれだけのことをやっているわけです。

<

« 朝鮮半島の変貌を見る② | トップページ | 「おばた」さんのコメントにお答え »

2008年平権懇 学習会「朝鮮半島の変貌を見る」①」カテゴリの記事

コメント

「朝鮮半島の変貌を見る」の最後の質疑の中で、「横田に国連軍要員が…」の質問は、本人からの連絡により、座間にいた国連軍後方司令部の要員4人が横田に移動したとのことでした。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h19/10/1175874_814.html
理由は陸軍(地上軍)よりその他の比重が増したということで、「作戦計画が変わったのではないか」という報道と私の指摘に対応しているのではないかと考えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/40907809

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮半島の変貌を見る③:

« 朝鮮半島の変貌を見る② | トップページ | 「おばた」さんのコメントにお答え »

無料ブログはココログ