2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 32 | トップページ | 基地被害と環境を考える① »

2008/06/14

読む・読もう・読めば 33

『ロスジェネ』を読む

5月に発売されて一部で話題になっている『超左翼マガジン ロスジェネ』創刊号を書店で見つけて買ってみた。編集長は浅尾大輔さん、「3月まで都内の労働組合で非常勤職員の組織化を担当。2003年小説『家畜の朝』で新潮新人賞を受賞。元『しんぶん赤旗』記者」と紹介文にある。適任だ。

「ロスト・ジェネレーション」、直訳すれば「失われた世代」とは、本来は1920年代から30年代にパリで暮らしていた一群の米国の作家たちのことだった。ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、スタイン、その他。青年期に第一次世界大戦を経験し、旧秩序の崩壊を目の当たりにした人々だ。のちにより広い意味でも使われるようになったが、本来は文学史の用語だった。それを、2006年に朝日新聞が団塊ジュニアの、バブル崩壊期=超就職氷河期に就職活動をして割を食った人々の呼称として使い、なんとなく定着した。就職氷河期は長く続いたから、正規雇用に就けないロスジェネはいまや2000万という。団塊は団塊と呼ばれるのが嫌いだが、ロスジェネは自らロスジェネというらしい。で、雑誌だ。

マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」をパロった「ロスジェネ宣言」の文章は歯切れが悪く、複数の起草者がいろいろ書き込んだままらしく整理も悪い。宣言中の「私たち左翼」という自己規定は、仲間を増やすことに障害とならないのか。実際に巻頭の赤木智弘さん(「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争」で論壇デビュー)との編集長対談も、かなりすれ違いが多い。私ども本家左翼中高年との間だけでなく、同世代同士でもロスジェネ同士でもなかなか話が通じないらしい、というのは残念なことだ。

意思を通じるための道具としての言葉を研ぎ澄ましていくには、どれだけの研鑽が必要なのかと、読解を拒否する長文を読み進みつつ嘆息する。いかにも身内以外との議論の習慣なくどの世代も過ごしてきたのだ。せめて『ロスジェネ』のような雑誌を読む努力は続けたいと思う。『赤旗』には「期待します」と紹介記事が出た翌日、「特定の雑誌を支持、讃美する方針はとっていない」とわざわざ編集局告知記事が出たが。第2号は12月刊とのこと。(大内要三 2008614日)

« 読む・読もう・読めば 32 | トップページ | 基地被害と環境を考える① »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 33:

» 関連記事あれこれ [コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG]
 ふと思い立って、ネット上で『ロスジェネ』を読んだ感想を検索してみました。  個人的に共感できたなーと思ったのは、以下の記事です。(順不同、敬称略) 彷徨人生 お玉おばさんでもわかる政治のお話 martingale Brownian motion 夜に猫が住む研究室 音楽友に、今日も安眠 生きてみた感想 Marbles ももたろうサプライ へいけんこんブログ 月刊「記録」編集部  一つ思ったのは、今のところネット界でおなじみの政治ブロガー(右左問わず、例・お玉おばさ... [続きを読む]

« 読む・読もう・読めば 32 | トップページ | 基地被害と環境を考える① »

無料ブログはココログ