2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 34 | トップページ | 08.6.15 豊玉9条の会総会 情勢報告 »

2008/07/15

読む・読もう・読めば 35

黒田三郎のリルケ

日記によれば詩人・黒田三郎は1942106日にリルケの『マルテの手記』を読了する(『黒田三郎日記』戦中篇Ⅳ)。友人の大井康暢が聞いた話によれば、黒田はその『マルテの手記』をジャワへ行く船の舷側から海中に投げ捨てたという。黒田が戦時中の繰上で東京帝国大学経済学部を卒業したのが429月、同時に南洋興発に入社。箱根丸で任地のジャワに向かったのは431月。黒田は一度はリルケを読み返すつもりで嚢中に入れ、途中で気が変わったことになる。

大井は上記黒田日記の付録で、次のように書く。「当時、戦局は日本に有利だったとは言え、この天性の詩人が、一時は詩を棄てて、占領地で軍国主義のお手伝いをしようと決心したこともあったのだ。大袈裟かも知れないが、黒田三郎も人並みにお国のために見栄をきったのである。」そうだろうか。黒田が船中でリルケを捨てたとしても、詩を捨てたことにはならないだろう。後に戦火で焼失したが詩集3冊分の原稿は残してきたし、ジャワでも詩作はしているのだ。本人が書いている。「戦時中の詩はない。南方から戦後一年目に帰ってくるときに、書いたものいっさい焼いてしまったからである。」気になるのは、焼いた原稿がどのようなものだったかということだが、時局迎合的な作品を書いたとは思えない。黒田は黄麻農園の管理、休廃止製糖所の管理に従事したのち、現地召集で二等兵になる。

戦後の黒田は日本放送協会で働きつつ『荒地』創刊メンバーとして12冊の詩集を発表した。小市民であることに居直ったような、分かりやすい、彼の作品は没後28年たったいまも愛読される。「荒地」グループの基調には戦争で生き残った者の後ろめたさがあるが、黒田の戦争体験はもう少し知りたいところではある。

黒田は42923日の日記に、リルケの次の箇所を引いている。「僕はあらゆる人生の中にいる、そしてあらゆる文学のなかにいるこの第三者、しかしほんとうは決して存在したことのない第三者の『幻影』が無意味なものであるのを知ることが出来なかった。」コメントはしていない。   (大内要三 2008715日)

« 読む・読もう・読めば 34 | トップページ | 08.6.15 豊玉9条の会総会 情勢報告 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 35:

« 読む・読もう・読めば 34 | トップページ | 08.6.15 豊玉9条の会総会 情勢報告 »

無料ブログはココログ