2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 2008.9.6 平権懇学習会「裁判員制度を考える  西野喜一」⑪ | トップページ | 裁判員制度きちきちばつたかな  吉田悦花 »

2008/10/05

読む・読もう・読めば 40

『黄金郷(エルドラド)伝説』を読む

時代の空気を読んだ読み物だけがベストセラーになれる。では、刊行当時に熱狂的に迎えられ、今なお読み継がれる、『コロンブス航海日誌』とデフォーの『ロビンソン・クルーソー』とドイルの『失われた世界』の共通点は何か。それは「探険帝国主義」だ、というのが本書、山田篤美著『黄金郷(エルドラド)伝説』(中公新書、089月刊)の主旨だ。

なるほど、そうだったのか、とあらためて思う。ロビンソン・クルーソーは絶海の孤島にひとり暮らしたのではなく、ベネズエラのオリノコ河口でサバイバル生活を送ったのだった。ロビンソンは原住民フライデーだけでなくスペイン人たちまでも従えて、島をイギリス植民地にすることに成功する。オリノコ川は後の英領ギアナへの入口であり、上流には金鉱地帯がある。

4人のイギリス人が「アマゾン川の上流」、周囲から隔絶されたテーブルマウンテンの頂部で、恐竜と猿人に出会うという物語『失われた世界』の舞台も、じつはギアナ(グアヤナ)のロライマ山だという。ロライマ山探険の記録が情景描写の種本になっていることを、著者は綿密な調査で確認した。この小説もまた、金鉱地帯をイギリス植民地に併合する動きのなかで受容されたのだった。

米国の介入でイギリスの野望は破れ、宝石と金銀略奪が主だった「探険帝国主義」の時代は終わった。いまや石油・天然ガスとウラン・レアメタルのために傀儡政権を樹てることが「帝国」の手口となった。しかし史書・地誌・小説を併せて読み解くという著者の方法は、いまも通用するはずだ。500年のドラマを一気に読ませる軽妙な語り口が、『蟹工船』が『源氏物語』と同じぐらい難しいというイマドキの学生に通用すればうれしい。2008928日)

« 2008.9.6 平権懇学習会「裁判員制度を考える  西野喜一」⑪ | トップページ | 裁判員制度きちきちばつたかな  吉田悦花 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 40:

» BPOへの要請 賛同者募集 [JCJ機関紙部ブログ]
NHK「ETV2001」改変事件の真相究明を、BPOの放送倫理検証委員会に取り組んでもらおうという署名運動が始まりました。  次の委員会の会合が迫っているので、その前に集約をするということで、期限は10月8日です。  BPO放送倫理検証委員会 御中  NHK「ETV2001」改変事件の真相究明へ向けて、貴委員会の取り組みを要請します。                                 2008年10月8日                             ... [続きを読む]

« 2008.9.6 平権懇学習会「裁判員制度を考える  西野喜一」⑪ | トップページ | 裁判員制度きちきちばつたかな  吉田悦花 »

無料ブログはココログ