2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 45 | トップページ | イラク戦争で劣化した自衛隊と日本② »

2008/12/21

イラク戦争で劣化した自衛隊と日本①

20081219日 平権懇学習会報告に加筆

大内 要三       

はじめに

 1127日に米国はイラクのマリキ政権との間で行政協定(SOFA)を結んで、米軍は2011年末までには撤退することが決まりました。マリキ政権ががんばって、駐イラク米軍の不法行為に対する裁判権はイラクが保持しています。オバマはこの撤退期限よりも早く、2010年のうちに撤兵すると言っていますから、ようやくイラク戦争にも先が見えてきたことになります。

 翌28日には浜田防衛相が、自衛隊のイラク撤収命令を出しました。陸自はすでに06年に撤収しており、残る空自が撤収すると、日本のイラク参戦もひとまず終わります。本日、3機のC130H輸送機のうち1機が帰国したニュースが流れました。

 というわけで、戦争はまだ続いていますが、この時点であらためて日本のイラク派兵の実態とその影響について検証することは、イラク反戦運動をさまざまな形で進めてきた私たちにとって、意味あることだと思います。

自衛隊イラク派兵の枠組

 自衛隊派兵の根拠法は0381日に成立した、いわゆる「イラク特措法」ですね。読み返してみますと、まず第1条の「目的」のところで、国連安保理事会決議1483号を踏まえて、「人道復興支援」と「安全確保支援」を行うことになっていました。「安全確保」とは、もちろん英米軍を中心としたイラク占領軍への兵站支援です。

 安保理決議1483は米英軍の軍事行動も占領の正当性についても直接には触れていませんから、支援の根拠としては薄弱です。そこで03129日に閣議決定された派兵の「基本計画」では、安保理決議15111016日)が根拠として追加されました。こちらは多国籍軍への援助と戦後復興への国際協力を求めています。

 特措法22項は「武力による威嚇又は武力の行使に当たるものであってはならない」と規定しています。憲法9条による制約です。そして同条3項では「戦闘行為が行われておらず、かつ、そこで実施される活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる地域」で活動するという限定があります。これらは後に述べる重装備や交戦規則付与と矛盾します。

 安全確保支援の内容として、第32項で「医療、被災民の帰還の援助、施設もしくは設備の復旧、行政事務に関する助言又は指導」が挙げられています。同じく3項で安全確保支援の内容として、「国連加盟国が行う活動を支援するための医療、輸送、保管(備蓄を含む)、通信、建設、修理もしくは整備、補給または消毒」、が挙げられています。実際には要請がなく実施しなかった項目もあります。

 その他、いろいろな制約はありますけれども、イラクが「大量破壊兵器」を保有していなかったこと、したがってイラク占領軍に大義はないこと、実質的に初の自衛隊戦地派遣であることは、特措法の国会審議のなかですでに明らかになっていたにもかかわらず、疑問を押し切って国会の多数を頼んで特措法は成立しました。

 派兵の枠組の2点目ですが、今回の派兵で特徴的だったのは、初の交戦規則(ROE)を付与されての派遣であったことです。交戦規則を自衛隊は「部隊行動基準」と呼んでいます。「部隊行動基準の作成に関する訓令」はすでに2000124日に出ていますが、その第2条で部隊行動基準を「行動し得る地理的範囲、使用し又は携行し得る武器の使用方法その他の特に政策的判断に基づく制限が必要な重要事項に関する基準を定めたもの」と規定しています。

 実際にイラク派遣部隊に付与されたROEは公開されませんでした。新聞協会・民放連が「イラク人道復興支援活動に係る現地取材について」043月に防衛庁との間で結んだ「申し合わせ」では、ROEの内容も概要も報道禁止になっています。しかしこの申し合わせに先立って、031212日付の時事報道、あるいは翌日付讀賣報道で、正当防衛や緊急避難の場合には、警告や威嚇射撃をしないで危害射撃ができる、というROEの内容の一部が明らかになりました。危ないと思ったらいきなり敵(と思われる者)を狙って撃ってよい、ということです。さらに今年、つい一昨日の東京新聞は、イラク派遣の空自部隊が不時着して略奪を受けそうになった時には、相手が丸腰でも撃ってよいというROEを付与されていたことを報道しました。自衛隊が現地で誰も殺さずに帰ってきたことは奇跡的だと思います。

  イラク派遣部隊のROEの公開については請求がなされましたが、06103日と本年715日に、情報公開審査会(委員に憲法学者、公法学者を含む)が不開示を妥当と判断しています。

 派兵の枠組の3点目ですが、米英軍の指揮下での活動であったこと。イラクでの自衛隊の地位は、当初CPA(イラク暫定施政当局)命令17号に基づく地位であると説明されていました。イラク占領軍と同格であって、現地に裁判権はないという規定です。031213日付のブレマーCPA行政官から日本政府あて書簡でこのことが書かれています。イラク派遣自衛隊員が現地でトラブルを起こしたときに日本の地裁で裁かれるのは変、という報道がなされていましたが、現地に裁判権がないことのほうが、占領軍の一員であることを明らかにしており、変だと言うべきでしょう。なおイラク暫定政府ができてCPAが解散した後は、自衛隊はたんに多国籍軍の一員となりました。

 CPAの一員でも多国籍軍の一員でも、現地で勝手に独自行動ができたはずはないのですが、いずれも指揮・統制下には入らないとの公式発表になっています。亡くなった外務省の奥克彦さん(ベン・ヒルズ著『プリンセス・マサコ』で雅子さんの恋人とされた人)は調整官としてCPAに出向していたわけですから、どのような調整をしたのか、興味あるところです。

 派兵の枠組の4点目として、世論の動きについて述べておきます。派兵前の新聞の世論調査では、自衛隊イラク派遣に反対・賛成率が、0384日日経で285293日毎日で16411024日朝日で3255と、反対が賛成を圧しています。ところが実際にイラクでの自衛隊の活動がテレビで放送されると、04126日毎日では4747、翌日の讀賣で5344と逆転します。報道規制があったとはいえ、マスコミの責任の大きさを感じます。ぜひ検証記事で、今まで書けなかったことをみな書いてほしいものです。

 派兵の枠組の最後に、派兵基本計画を閣議決定して発表した際の小泉首相記者会見での「平和的生存権の理念に沿った活動」というセリフを思い出しておきたいと思います。言うまでもなく憲法前文の一部を引いているわけですが、憲法の平和主義規定をこれほど貶めた発言もないだろうと思います。

« 読む・読もう・読めば 45 | トップページ | イラク戦争で劣化した自衛隊と日本② »

平権懇 連続学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/43486746

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦争で劣化した自衛隊と日本①:

« 読む・読もう・読めば 45 | トップページ | イラク戦争で劣化した自衛隊と日本② »

無料ブログはココログ