2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 3.7シンポジウム  イージス艦「あたご」による漁船沈没事件を考える | トップページ | 神奈川新聞2009/03/07 イージス艦「あたご」と漁船の衝突事故をテーマにシンポ »

2009/03/09

3月7日 シンポジウム報告

Kanasin_090308 3月7日 シンポジウム
『イージス艦「あたご」による漁船沈没事件を考える』
開催にご協力いただいたすべての皆様へ


シンポ開催にあたり多大なご協力をいただき、ありがとうございました。おかげさまでシンポジウムを成功させることができました(画像は「神奈川新聞」)。http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivmar090344/

当日は、平権懇運営委員の大内要三がパワーポイントのスライドショーで事件の概略を説明した後、日本海事補佐人会会長の田川俊一さんに「なだしお」事件と対比しながら、海難審判で自衛隊の横暴が裁かれたことを報告していただき、さらに「核とミサイル防衛にNo! キャンペーン」の杉原浩司さんに、ミサイル防衛の要となるイージス艦がどのように危険な船かを解説していただき、その後、会場からも活発に発言していただきました。

すべてのお名前は挙げられませんが、元神戸商船大学教授の照井敬さん、元日本海員組合組合長の土井一清さん、重工産業労働組合書記長の渡辺鋼さん、そして沈没漁船に乗っていた吉清さん父子のご親族も参加され、参加者は計43名でした。

参加者からいただいたアンケート用紙では、「継続こそ大事」「海自の艦船が通常の船と異なる基準で通行していることをはじめて知った」「漁民の方々も自由に声をあげていけるように」「国民の知らないところで恐ろしいことが進んでいる」「まわりの人々に本日のことを
話していきたい」など、貴重なご意見をいただきました。

これから始まる刑事裁判に注目し、今後も事件の真相解明と再発防止のために力をそそぎたいと思います。シンポジウムの記録は「へいけんこんブログ」に発表の予定です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。ご報告まで。

平和に生きる権利の確立をめざす懇談会

« 3.7シンポジウム  イージス艦「あたご」による漁船沈没事件を考える | トップページ | 神奈川新聞2009/03/07 イージス艦「あたご」と漁船の衝突事故をテーマにシンポ »

平和的生存権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/44289980

この記事へのトラックバック一覧です: 3月7日 シンポジウム報告:

« 3.7シンポジウム  イージス艦「あたご」による漁船沈没事件を考える | トップページ | 神奈川新聞2009/03/07 イージス艦「あたご」と漁船の衝突事故をテーマにシンポ »

無料ブログはココログ