2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 51 | トップページ | 「シンポジウム イージス艦あたごによる漁船沈没事件を考える」 »

2009/04/14

読む・読もう・読めば 52

書籍流通のオルタナティブ

もともとは文学評論畑の出の方だと思うが、行動する批評家の大澤信亮氏が、出版社や取次を通さない書籍流通の別の市場を構想している。昨年暮れに相次いで出た『フリーターズフリー』2号と『ロスジェネ』2号で。巨大市場とは別にコミケ(コミックマーケット)やフリマ(フリーマーケット)が成立していることからの発想のようだが、より直接的には、上記2誌の刊行企画を持ち込んだ出版社の対応からであるようだ。

大澤氏らの構想そのものは実際に掲載された誌面で読んでいただきたいが、ひとりの編集者として(現流通機構に縛られて多くの出版企画を没にしてきた痛みをもつ者のひとりとして)大いに共感した文章を、少しだけ引用する。

ひとつは物書きとしての矜恃(違うかな)について。「出版社や取次や書店を敵視しているのではありません。みんなギリギリだということはわかっている。しかし、採算度外視のボランティア的な試みを続けるなら、若者の労働問題に物書きとして関わる私の当事者性がなくなってしまう。先行投資的に話題を作って、商業出版へ勝ち抜けるという、つまらないルートしかなくなる。」

もうひとつは「無料で配れ」という意見への反論。「お金を払ってものを買うとは、そのお金を得るために払った自分の努力を、敬意をもって他者の努力に譲渡するということです。それはイデオロギーとは別のレベルで『社会』について考えることでもあります。私は『無料で配れ』という放言に、働くことに苦しんだ人の感覚を認めません。」

本が売れなくて困っているのは、著者も編集者も出版社も流通業者も小売店も同じだ。文字を読み理解する能力のある人が減ってきているからではないか、という推測は恐ろしくて誰もしないが。流通過程がいちばんの問題だろうということから、これまでにも独自の流通機構が、中小出版社などによってさまざまに模索されてきたが、壁は厚かった。新しい世代の新しい構想の展開に注目したい。 2009414日)

« 読む・読もう・読めば 51 | トップページ | 「シンポジウム イージス艦あたごによる漁船沈没事件を考える」 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 52:

« 読む・読もう・読めば 51 | トップページ | 「シンポジウム イージス艦あたごによる漁船沈没事件を考える」 »

無料ブログはココログ