2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 「平権懇」学習会2009 | トップページ | 読む・読もう・読めば 57 »

2009/06/25

「2009憲法フェスティバル」を振り返って

いま「憲フェス通信最終号」(5号)の作成に追われています。今年、大勢で参加してくれた高校生からの原稿を2本載せる予定です。どのような原稿が寄せられるのか期待しているところです。昨年の秋に準備を始めてから「憲フェス」の仲間になった方の原稿も載せることが決まっています。来年はどのようなメンバーでどんな企画になるのか・・・・・・。

今年は劇作家であり、作家の竹内一郎作・演出の「リーディング 虎の杖」を上演しました。この「虎の杖」はフィリピンにあったアメリカのクラーク・スービックの両基地を撤退させた話です。基地がなくなったら市民の生活はどうなるのか? 沖縄の米軍基地撤去と通底しています。この戯曲は国家主権の問題を国民生活の視点から描いたものでした。

竹内さんには山口真生さん(弁護士)とのトークにも登場していただきました。山口さんは横田基地公害訴訟弁護団の一員です。お二方を「平権懇」の8月企画にお誘いしています。

普天間かおりさんは、沖縄生まれのシンガーソングライターです。彼女は小さいころから基地を見て生活をしてきました。歌の創作にあたっては沖縄の心を大切にしています。「私の歌を聴いて戦争をしないと思うようになってほしい。それが私の目標です」と語っていたように熱のこもった歌唱でした。熱が入りすぎ「さとうきび畑」を歌った後の語りでは涙ぐんでいました。

金子勝さんは、テレビで見せる顔とは違い、アジテートに近い語り口でした。「バラク・オバマアメリカ大統領はウォール街に取り込まれてしまった。もはや自分たちで世界の経済を考え、新しく構築していく以外に将来の不安は消えない」と語っていました。

「憲法フェスティバル」は市民がプロデュサーとなり「憲法への招待」をキワードに1年に1回の舞台づくりと通年の「よもやま講座」の取り組みを進めています。前述した「通信 最終号」を出した後の7,8月は個々人の活動にもどり、充填機間となります。

9月の「合宿」で翌年の5月の情勢を考えながら内容の討議、議論を行います。今年の取り組み終盤には「もっとアクティブな取り組みが現在の情勢では必要ではないのか」という意見も仲間から出されていました。「合宿」でどのような議論が行われるのか楽しみです。「2010憲法フェスティバル」も「憲法の招待」にふさわしい舞台を創りたいものです。

« 「平権懇」学習会2009 | トップページ | 読む・読もう・読めば 57 »

社会・法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/45444611

この記事へのトラックバック一覧です: 「2009憲法フェスティバル」を振り返って:

« 「平権懇」学習会2009 | トップページ | 読む・読もう・読めば 57 »

無料ブログはココログ