2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 沖縄密約文書開示訴訟・第1回口頭弁論   | トップページ | 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) »

2009/07/14

読む・読もう・読めば 58

書籍の流通は変わるか

東京ビッグサイトで行われていた第16回東京国際ブックフェアの専門セミナーとして711日、「2009年本の学校 出版産業シンポジウムin東京」が開催され、特別講演「出版産業の課題解決に向けて」と4分科会が行われた。特別講演といっても、日販・トーハンの2大取次(要するに本の問屋さんですね)、出版社の筑摩書房、大手チェーン書店の丸善、集団仕入をしている書店グループNET21、の5氏によるパネルディスカッションで、司会は出版業界紙『文化通信』の編集長が務めた。

なんと言っても書籍の返品率が40%を超える、つまりいったん書店まで届けられた本の半分近くが売れずに戻って来るのは異常なことだ。委託販売システムでは、書店側が注文しなくても自動的に見計らいで本が届き、その時点でいったん出版社・取次側の収入になるが、期限内に売れなければ返品・精算される。1970年代までの教養主義が生きていたころには有効なシステムだったが、本の定価が相対的に安すぎるのに売れない現状のなかでは、うまく機能しなくなった。小売店の取り分を増やすことが難しいなら、マージンの多い責任販売システムや、また定価販売の縛りを外す(賞味期限の迫った弁当をコンビニで安売りできるようにするのと同じ)時限再販制との併用を進めなければならないだろう。

確かに、読者のニーズを読めない出版社が倒産したり、地域の文化に貢献しない書店が立ちゆかなくなっても、仕方がない。けれども男性書店員が結婚を機に辞める、つまり家族生活が成り立たない給料というのは異常ではないか。書店側から、どこの店に何冊あるというデータまであるのなら、なぜ偏在(ある書店では売り切れで注文しても入らない本が、別の書店では山積みになっている状況)が起こるのか、という問いがあっても、取次側は答えられない。きめ細かな対応をするためのシステム改良と流通経費負担には腰が重いのだろう。

「出版産業シンポ」の前身は1995年から5年間続いた「本の学校 大山緑陰シンポ」だった。米子の今井書店が肝いりとなって全国から出版業界人が集まり、「地域から描く21世紀の出版ビジョン」を熱く討議した。復活をとげ東京国際ブックフェアに併せて開催されるようになって4年目だが、次第に本音の議論ができなくなっているように思える。今回の特別講演でもオンライン書店について、ブックオフについて触れられることがなかったのは、これらに深く関与している取次への遠慮からではないかと思ってしまう。

200971 4日)

« 沖縄密約文書開示訴訟・第1回口頭弁論   | トップページ | 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 58:

« 沖縄密約文書開示訴訟・第1回口頭弁論   | トップページ | 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) »

無料ブログはココログ