2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告18 »

2009/07/19

神田香織さん講談「悲しみの母子像」

■日時 7月25日(土)午後6時30分開演
■会場 葛飾 文芸センター http://www.koyaza.jp/map.html
1977年9月27日、米軍ジェット機墜落事故で3歳と1歳の男の子がなくなり、若い母親・土志田和枝さんが全身に火傷を負いました。幼い子を亡くした母の思いはどんなに苦しかったでしょう。無念の中残念ながら4年4か月後、和枝さんも息を引き取りました。なぜ、こんな悲劇が起きるのでしょう。
私の友人である講談師の神田香織さんは、和枝さんのお父さんである故土志田勇さんに「講談で語り継ぎます」と約束していました。ようやく「悲しみの母子像」という講談が出来上がり、さまざまな所で公演しています。
この講談の冒頭には、「平権懇」発足の契機となった1964年の米軍機墜落事故「舘野鉄工所事件」の舘野正盛さんが登場します。
私が舘野さんから話を聞いたところによると、事故をテレビで知った舘野さんは「俺と同じ目に(被害)遭わせてはならない」と、当時住んでいた神奈川県平塚市から横浜市緑区の事故現場に駆けつけたのです。
ところが、舘野事件と同じように事故現場は、米軍が取り仕切り、被害者さえも立ち入り禁止になっていたのです
(2009.7.19 杉山 隆保)

« 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告18 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/45674651

この記事へのトラックバック一覧です: 神田香織さん講談「悲しみの母子像」:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
横浜市緑区エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 平権懇2009学習会「日米安保条約50年の現実」(最新記事は1つ下にアップ) | トップページ | 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告18 »

無料ブログはココログ