2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告20 | トップページ | 3月13日毎日ホール 第1回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

2010/02/03

日韓併合100年、日米安保50年、そして平権懇25年の節目に

私たちが「平和に生きる権利の確立をめざす懇談会」を結成してから25年が経過した。細々とではあるが、軍事被害者に寄り添い、市民の手で日本国憲法の平和条項を守り育てようとする営為を続けてこられたのは、同じ志をもつ多くの人々との共同作業のおかげだろう。この間、何人もの会員が故人となり、また何人もの新しい会員を迎えた。

2010年の今日、オバマの「チェンジ」、民主党政権の「友愛」の真偽が問われている。私たちもまたこの大きな変化を生かすために発言を続ける。顧みれば、25年前の平和運動にはまだ「社会主義圏」の大きな影響力があった。50年前の日米安保条約改定は、現在の私たちの生活を縛っている日米同盟の基を作ったものではあるが、以来、この時を上回る国民運動はない。そして日韓併合100年の歴史を振り返ることは、私たちが東アジアにあって平和を希求することの意味をあらためて問うことになるだろう。

私たちは今年、私たちの初心を「日韓併合100年・日米安保50年」の大きな流れの中で捉え返すことを試みる。

20101月 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会

3月13日 毎日ホール 第1回「連続学習会 日米安保50年の現実」
「映像で見る沖縄・辺野古のいま」山本英夫 フォトグラファー・市民平和運動者。「派兵チェック」メンバー。

●講談「哀しみの母子像」神田香織

原作『米軍ジェット機事故で失った娘と孫よ』七つ森書館 土志田勇

日時 3月13日(土)午後1時30分~5時

会場 毎日ホール

   東京メトロ 竹橋駅下車パレスサイドビル地下1階

会費 1,000円

終了後に同会場で「『平権懇』結成25周年記念パーティー」を行います。会費3,000円。ぜひ、こちらにもご参加ください。参加予定の方は以下のメールアドレスにご一報ください。

連絡先:nora@cityfujisawa.ne.jp(杉山)

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告20 | トップページ | 3月13日毎日ホール 第1回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/47465669

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓併合100年、日米安保50年、そして平権懇25年の節目に:

« 自衛隊イラク派兵違憲訴訟 定点報告20 | トップページ | 3月13日毎日ホール 第1回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

無料ブログはココログ