2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« これでいいのか、安保・沖縄報道 | トップページ | 新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと »

2010/05/31

読む・読もう・読めば 78

琉球弧

                                                

本日528日、日米安全保障協議委員会(22)の4閣僚は、普天間基地の移転に関する日米共同声明を発表した。4閣僚が実際に協議をした結果ではなく、すでに2021日に東京で行われた実務者会談で内容が詰められていて、あとは社民党をどう説得するかだけが小鳩政権の課題だった。福島罷免でひと段落つくわけがなく、幸か不幸か7月参院選は珍しく「安保・沖縄」が争点のひとつになる。

日米共同声明は普天間基地の移設先を「キャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域」とし、訓練移転として「徳之島の活用が検討される」と書いている。普天間基地の機能の一部を「県外」徳之島に移転するわけだ。

地図で見れば一目瞭然だが、鹿児島県奄美諸島に属する徳之島からは、鹿児島よりも沖縄県那覇のほうがずっと近い。大雑把に言って、琉球王国時代(ナハンユ)も、薩摩藩服属時代と琉球処分後(ヤマトンユ)も、米軍政下(アメリカユ)も、奄美は沖縄と一緒だった。奄美は沖縄県でなく鹿児島県、復帰は奄美が先、という違いはあるけれども。そして屋久島・種子島などの大隅諸島と奄美以南との間には、生物分布のうえで渡瀬線という分布境界線がある。津軽海峡のブラキストン線と同じ。つまり歴史的にも自然環境としても奄美と沖縄は同じということだ。普天間から徳之島への基地機能一部移転が「県外」だから沖縄の基地負担の軽減になるというのは、ほとんどサギに近い。

作家で鹿児島県立図書館奄美分館長だった島尾敏雄氏は、奄美・沖縄を「琉球弧」と呼び、日本を「ヤポネシア」と呼んだ。1970年に彼は書いている。「日本の歴史の曲り角では、必ずこの琉球弧の方が騒がしくなると言いますか、琉球弧の方からあるサインが本土の方に送られてくるのです。そしてそのために日本全体がざわめきます。それなのに、そのざわめきがおさまってしまうと、また琉球弧は本土から切り離された状態になってしまう」。鉄砲も宣教師も黒船も、まず琉球弧に来た。   (2010528日)

« これでいいのか、安保・沖縄報道 | トップページ | 新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 78:

« これでいいのか、安保・沖縄報道 | トップページ | 新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと »

無料ブログはココログ