2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 78 | トップページ | 6月19日 第2回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

2010/06/01

新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと

新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと

大内要三 著

政治家も市民も正しい軍事知識を持って、国の平和と安全について自分の頭で考えなければならない。鳩山総理に読ませたい本だ! ――インサイダー編集長 高野孟

序 民衆の側の軍事知識の必要性について

安保50年の現実

Ⅰ安保50年のあゆみ

 いつから、なぜ安保は「同盟」になったのか/半占領継続条約としての旧安保/新安保条約の枠組み/「専守防衛」の自衛隊/ガイドライン安保の枠組み/アジア太平洋安保の枠組み/グローバル安保へ

Ⅱ 在日米軍・自衛隊は何をしているのか

 日米軍事一体化への自衛隊の変貌/在日米軍はどのような存在か/演習で何が行われているか/共同作戦計画の準備

Ⅲ 安保はどうなる、安保をどうする

 米国の予想するアジアの近未来/オバマ大統領の「国防見直し」/鳩山政権に外交・安保政策はあるか/「核の傘」は有効か/「有事来援」はあり得るか/「国民保護」は誰がするのか/同盟は国民益にならない/軍事同盟解消の時代へ

イラク派兵で劣化した自衛隊と日本

 はじめに/自衛隊イラク派兵の枠組み/サマワでの陸自の活動/クウェート・イラクでの空自の活動/インド洋での海自の活動/自衛隊員による不祥事の数々/不祥事続発の背景/日本の劣化と田母神「論文」

窓社刊/63日発売/46148頁並製カバー装

本体1200円+税/ISBN978-4-89625-097-8

お近くの書店でお求めください

« 読む・読もう・読めば 78 | トップページ | 6月19日 第2回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/48516166

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日米安保を読み解く――東アジアの平和のために考えるべきこと:

« 読む・読もう・読めば 78 | トップページ | 6月19日 第2回「連続学習会 日米安保50年の現実」 »

無料ブログはココログ