2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 88 | トップページ | 読む・読もう・読めば 90 »

2010/11/14

読む・読もう・読めば 89

菅直人氏はもともとどんな外交・安保政策を持っていたか

菅直人氏の著作のうち最も読まれたのは、岩波新書『大臣』だろう。1998年に刊行され、2009年に増補版が出た。しかし彼の政策の原型を知るためには、1996年に光文社から出た『日本大転換』を読むのが早道だ。ここにはすでに「最小不幸社会」「小さな中央政府と充実した地域福祉」「総理補佐官の法制化」などの言葉が見られ、政治家としてのライフワークを「行政改革と土地政策」と規定している。高杉晋作の「人生唯一度」を座右の銘とし、「現代の奇兵隊」をめざすとも書いている。

96年といえば、菅直人氏は橋本内閣の厚生大臣だ。ここでは「霞ヶ関を変えていきたい」と熱く語っているわりに、外交・安保政策に割くページはごく少なく、その内容も抽象的だ。それでも次のような記述は言質として重要だろう。「アメリカを通じてのみ考えるのではなく、アメリカを含む世界の国々と、どういう関係を結んでいくか、自立した思考を持ち、あらたな外交方針をつくる」。「核独占クラブの国連常任委員国入りは国益に反する」。「いわゆる集団的自衛権も、憲法が認めていない。私は、この問題で憲法を変えるべきではないと思う」。

もうひとつ。菅直人氏は200111月号『軍縮問題資料』誌のインタビューで「日本の安全保障と憲法」を語っている。当時、民主党幹事長だった。読んでみると、なんとも歯切れが悪い。少々強引にまとめてみると、安保は「トータルで見れば日本にはプラスになった」が、「アメリカに結果的にすべて依存し追従する形の外交方針」になった。「21世紀、日本がアメリカともアジアともきちんと向かい合い議論して位置関係を決めていくベースは必ずしも十分にできあがっているとは言えない」。「アジア地域、太平洋地域の広い意味での安全のために協力するところは協力する、もしくは協力しているという意識を持てばいい」。

対米追従が問題だとは分かっている。けれどもどのように独自の戦略を展開すべきか具体像が描けない。菅直人氏は有能な安保・外交ブレーンを得られず、15年前から進化しないまま、いま外に向けては「日米同盟の深化」を語り、内に向けては「菅」内閣のクサカンムリが取れていっているように見える。それが彼の最大不幸か。高杉晋作は維新前に没し、長州奇兵隊は官軍のなかに埋没していったが。 20101114日)

« 読む・読もう・読めば 88 | トップページ | 読む・読もう・読めば 90 »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

菅首相が「有能な安保・外交ブレーンを得られ」ないのは、紹介された文章を見る限りでもご自身がこの問題を深くよく考えていないからではないでしょうか。助言してもいつ裏切られるか、あいまいにされるかわからないようでは、誰が近づくでしょうか。逆に外務大臣である前原誠司は、自分こそが専門家と自負しているようで、中国ともロシアとも関係悪化の道をひた走り日本の未来を一層暗いものとさせています。いま前原をやめさせないと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 89:

« 読む・読もう・読めば 88 | トップページ | 読む・読もう・読めば 90 »

無料ブログはココログ