2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 読む・読もう・読めば 89 | トップページ | 12.11シンポジウム »

2010/11/28

読む・読もう・読めば 90

米韓合同演習

1128日の今日から121日までの予定で、米韓合同軍事演習が行われる。これに参加するため米原子力空母ジョージ・ワシントン、ミサイル巡洋艦カウペンス、駆逐艦シャイロー、ステザム、フィッツジェラルドの計5隻が24日朝に横須賀を出港した。23日に起きた延坪島への北朝鮮砲撃事件への対応であり、要するに北への武力威嚇だ。

砲撃事件は野蛮・無法な行為であり、北朝鮮は無条件で謝罪・補償すべきであることは論を待たない。しかしマスコミ報道を見ていると、今回の事件は北の計画的な挑発だから最大限の制裁が必要だとか、対抗のため米日韓のいっそうの軍事一体化が必要だとかの世論を誘導しようとしているように見える。私は金王朝の代替わりが進む北朝鮮を民主主義とも社会主義とも思わないけれども、帝国憲法下日本の天皇と軍隊の関係にたいへんよく似た状況にあると考える。軍の一部の暴走をどのように抑えるかが問題だ。

今年の38日から18日まで、米韓合同実動演習キー・リゾルブが38000人の参加で行われた。また816日から29日まではコンピューター・シュミレーションによる米韓合同演習ウルチ・フリーダム・ガーディアンが86000人の参加で行われ、これには韓国の地方自治体等4000機関が協力した。いずれも北の侵攻から韓国を防衛するシナリオに基づく演習だ。前者に例年と異なり米空母が参加しなかったことは、米軍の朝鮮半島軽視を印象づけたかもしれない。後者で「開戦初日に韓国の死傷者10万人」という結果が出たことは、戦争で南の勝利は確実でも消滅する北を含めた戦後復興の困難さを考えると、なんとしても戦争回避をと米韓に思わせただろう。だから北は安心して挑発する。

今回、第7艦隊主力が事件翌日に出港できたのは、123日から10日まで沖縄周辺等で予定されている、島嶼防衛等日米合同軍事演習が以前から予定されていたからだ。しかしジョージ・ワシントンが沖縄でなく黄海(韓国名では西海)に向かい、泰安半島沖を越えて北進すれば、北京攻撃が可能な海域に入り、中国を刺激する。北も南も米国も中国も、誰も戦争など望んでいないのに、同盟がある以上は臨戦態勢を取らざるを得ない。小規模でも衝突があれば犠牲になるのは兵と民だ。なのに、朝鮮半島への出撃基地である日本の首相、朝鮮有事には米軍と共同作戦を行う自衛隊の最高指揮官である菅さんの存在感は、まことに薄い。 20101128日)

« 読む・読もう・読めば 89 | トップページ | 12.11シンポジウム »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

北の砲撃に対抗する米韓合同演習につづく大規模な日米合同演習、さらに韓国独自の演習が終了してはいないので何が起きるか予断はできないが、これまでのところ規模もレベルも高いがかろうじて「演習」で済んでいるようだ。米統合参謀本部議長のマレン大将がやってきて日米韓三国合同演習を提案するという北東アジア安保にかつてない事態が始まっている。

このコラムでは北の砲撃事件を戦前日本との対比から「軍の一部の暴走」と捉えているのだろうか。しかし、上空を北トラの子のミグ23でカバーし、集中的に170発ものカノン砲弾と多連装ロケット砲弾を投射した戦術規模から見ても、単純な暴発ではあるまい。また最終的な決着はついていない天安艦事件に続き、三代目金正恩大将のデビューと新たな核開発の公然化という政治文脈から見ても、北の中枢で十分に計算された挑発であり、瀬戸際外交ではないか。

軍歴のない人間が突然大将に昇るようなシステム、血統による権力継承、また何を起してもトップに責任が及ばない体制こそが、戦前日本の天皇制と比類できるものであろう。

大内様

 昨日の集会&忘年会、お世話になりました。
博識な方が多くてお話が面白く、本当に勉強になります。ありがとうございました。

 さて、連絡先がよくわからないので、ここに書きこんで送信させていただきます。

 昨日のお問い合わせ調べてみたら、おっしゃる通り外務省の北米局で、
ナなんとその名も「日米安全保障条約課」とそのものズバリの課があるのでした!!

参考
http://www.news.janjan.jp/government/0902/0902076962/1.php

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 90:

« 読む・読もう・読めば 89 | トップページ | 12.11シンポジウム »

無料ブログはココログ