2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/29

読む・読もう・読めば 102

『平和への権利を世界に』を読む


国連人権理事会で「平和への権利宣言」をつくる運動が進められているという。スペインの法律家たちが2006年に始めた運動で、08年以降毎年、同理事会で決議が採択されているが、米国、EU諸国、日本は常に反対している。人権理事会で扱うべきテーマではない、という理由で。私たち「平和に生きる権利」をまさに人権問題として捉えてきた者として、日本国憲法前文に「平和のうちに生存する権利」が明記されていることを誇りに思う者として、日本政府のこの態度は残念だ。

「平和への権利」運動を紹介しているのは、この5月3日付で刊行されたばかりの笹本潤・前田朗編著『平和への権利を世界に』という本だ。かもがわ出版、本体1500円。スペインからの呼びかけ、国際的なNGOの運動、そして日本での平和的生存権をめぐる学説・判例が簡潔に記述されている。

「平和への権利」right of peoples to peaceは、「平和に生きる権利」=「平和的生存権」right to live in peaceとは微妙に違うし、「人間の安全保障」human securityとも違う。これらの概念はそれぞれの起源から、あるいはその実現をめざす運動の経験から、少しずつずれていて当然だ。けれども国家間の戦争が廃絶される時代に、国家の枠を超えた人々の運動のなかで、もっと交流があって良いと思う。

1973年9月11日のチリ・クーデタで殺された歌手、ビクトル・ハラの作品El Derecho de Vivir en Pazはまさに「平和に生きる権利」であって、日本ではソウル・フラワー・ユニオンほかが歌っている。ハラがキューバを歌い、ホーチミンを歌っているのは、「平和に生きる権利」の主張が受動的でも軟弱でもないことを知らせてくれる。 (2011年5月29日)

2011/05/22

5月28日憲法フェスティバル

5月28日(土) 午後1時30分~午後6時30分
会 場  日本教育会館 一ツ橋ホール
   東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2  503-3230-2833
  <最寄り駅>
  地下鉄 神保町駅
  (都営新宿線・東京メトロ半蔵門線‥‥A1出口、都営三田線‥‥A8出口)
内 容   25周年記念曲発表   住友紀人さん(ピアノ)
          高瀬麻里子さん(ヴォーカル)
  講演              早乙女勝元さん(作家)
  映画(封切前特別上映) 「一枚のハガキ」(新藤兼人監督作品)

今年の最大の目玉は、映画「一枚のハガキ」の特別上映(封切り前)です。

 この映画は99歳の新藤兼人監督が自らの軌跡(兵士100名中94名が戦死し、監督ら6名が生き残ったが、それは上官によるクジの結果だった)を描いた渾身の一作。

前評判は高く、東京国際映画祭・審査員特別賞受賞。大竹しのぶ・豊川悦司ら豪華メンバーが出演します。

また、作家の早乙女勝元氏が東京大空襲(1945年東京の下町でアメリカ軍の無差別爆撃によって10万人もの市民の命が奪われた悲劇)の真実と被害を克明に語り、そのうえで憲法9条の持つ特別な意味を明らかにしてくれます。

さらに、映画「ホワイトアウト」・「沈まぬ太陽」、テレビドラマ「やまとなでしこ」で著名な音楽家の住友紀人氏がボーカリストの高瀬麻里子氏とともに、憲法フェスティバル25年の記念曲を演奏・発表して下さいます。

 今年の憲法フェスティバルは大変魅力あふれる内容ですので、皆さん、ぜひご来場下さい。

 参加費は、大学生の場合1000円です。高校生以下は無料ですので、ぜひ声をかけて一緒においで下さい。


http://www.kenfes.com/


2011/05/14

読む・読もう・読めば 101

被災と憲法

東日本大震災の復興が進まない。被災から2か月余を経て、いまだに避難所で不便な生活を強いられている方々がたくさんある。ボランティアで力仕事をするだけの元気もなく、専門知識もなく、ただ物資や義援金を送るだけしかできないのがもどかしい。5月3日の憲法記念日前後に、憲法学者の談話がいくつか新聞に掲載された。こういう事態のもとで憲法学者は何をしているのだろうと不思議に思っていたので、興味深く読んだ。

上智大学の高見勝利さん(5月2日付朝日)。「憲法に盛り込まれた生存権は、当時衣食住が不足する中で国の理念を掲げたことで、戦後復興を果たす役割を担った。再び国民ががれきの中にいる今だからこそ、生存権が光り輝いているのではないか。」なるほど、その通り。名古屋大学名誉教授の森英樹さん(5月1日付赤旗日曜版)。「憲法は13条で、この国に生き暮らす人々すべてが『個人』として尊重され、人々の『生命・自由・幸福追求の権利』こそすべての人権の基底であると定めています。」「憲法11条・97条は『この憲法が保障する基本的人権』は『現在』だけでなく、『将来』の人々にも保障されるべき『永久の権利』と訴えています。」そして「軍事費削って復旧・復興にまわせ」の軍復運動が必要、と訴える。なるほど、その通り。

東京大学の長谷部恭男さん(5月2日付朝日)。「憲法はドラえもんのポッケではない。生存権をどこまで実現すべきかは、憲法からはなかなか導き出せない話。」「憲法でここまで絶対必要という話にはなかなかならない。そのために国会があるのではないか。」ん? いざというときに指針にならない憲法とは何だろうか、憲法をその程度のものと認識する憲法学者とは何だろうか、と考え込んでしまう。ドラえもんチャンネルHPだって、開けばすぐに「どうか元気を出してください。あなたはけっして一人じゃありません」と、「被災地。被災者のみなさまへ」のメッセージが目に入るけれども。   (2011年5月14日)

2011/05/12

声明・あたご事件不当判決に抗議する

5月11日、横浜地方裁判所(秋山敬裁判長)はイージス艦「あたご」による漁船「清徳丸」沈没事件(08年2月19日)で、業務上過失致死・業務上往来危険罪に問われた同艦の当直士官2名に、いずれも無罪の判決を下した。

今回の判決が不当なのは、何よりも、衝突の責任を犠牲者である「清徳丸」側にあると判断したことである。
すでに横浜海難審判所は、事故の原因は「あたご」側の見張りと連絡・報告体制にあると結論し(09年1月12日)、また防衛省の艦船事故調査委員会、つまり「あたご」側の仲間うちでもまた「あたご」当直士官の見張り・指揮の不適切が事故の直接的原因と結論づけている(09年5月22日)。地裁はこれらと異なった判断をした。

判決は検察側の主張に対して「前提とする証拠の評価が誤って」おり、「清徳丸は検察側主張の航跡通り航行していたとはいえない」と認定した。しかしここから証拠不十分と認定するのではなく、独自に航跡を推定して、「あたご」の回避義務を否定し無罪としたのは、いかにも乱暴である。さらに自ら証言することのできない「清徳丸」に対して、「危険を知りうる状況だったのに、一切回避行動をとらず、衝突した」と結論づけてしまったのは、言語道断である。

海難審判裁決でも、事故調査委員会報告でも、そして今回の公判でも明らかになっていた不動の事実は、「あたご」が漁船群に十分な注意を払わず、自動操縦のまま突っ込んできたことである。そして両者の進行方向からいって、「あたご」側が避航船であったことも明白である。このような大前提からして、「あたご」側に無罪はありえない。

判決は自衛艦が民間船を蹴散らしながら航行することを黙認した。このことの影響はきわめて大きい。「あたご」側の勝利は検察側のずさんさ、敵失による勝利でもあるが、5人の大弁護団を繰り出し大演説を繰り返した結果でもある。海上自衛隊の瑕疵を認めたくない大きな力が働いたのか。

私たちは「海の安全・平和」を求めて、海に働く人々とともに公判に注目してきた。何よりも判決は再発防止に役立つものでなければならない。今回の不当判決に強く抗議するとともに、検察に対してただちに控訴するよう要望する。

2011年5月12日
                     平和に生きる権利の確立をめざす懇談会

東日本大震災復興支援 25周年記念「憲法フェスティバル」

2011年5月28日(土) 午後1時30分開演 日本教育会館(一ツ橋ホール)
            
東日本大震災復興支援 25周年記念「憲法フェスティバル」

「憲法フェスティバル」とは
1987年5月、日本国憲法施行40周年を記念して、若い弁護士たちが市民団体などに呼びかけ憲法を幅ひろく国民各層へ普及することを目的に第1回憲法フェスティバルを東京の日比谷公会堂で開催しました。内容は映画「戦争と平和」(亀井文夫・山本薩夫監督)の上映、ジェームス三木の講演、小室等、横井久美子などの歌と音楽で、会場に入りきらない3000名を超える市民が集まり、マスコミにもこぞってとりあげられました。
東日本大震災復興支援・25周年記念企画
今回の大震災による被害は、あらためて私たちの生活、社会のありようを考えさせるものとなりました。この年に25周年記念公演を開催することは、平和・人権・民主主義を基本理念とする憲法の普及を目的とする憲法フェスティバルと無縁ではありません。こういう機会にこそ、憲法フェスティバルが日本の政治や経済、社会のあり方を再考し、被災者のみならず社会や経済のゆがみによって苦しめられている人々を励まし、連帯への呼びかけの一助になればと願っております。
憲法フェスティバル実行委員会は被災地への支援を決めました。会場でのカンパ活動のほか、チケット、記念グッズの売り上げなどの一部を被災地への支援金にあてます。また、ロビー企画として被災者の福島、岩手、宮城の方々にブースを提供し特産品の販売をお願いしています。

《25周年・記念企画 》

*25周年記念歌曲「誓い」の発表 
作詞・木下恵介 作曲・住友紀人 歌・高瀬“makoring”麻里子  
*講演:早乙女勝元
「東京大空襲と憲法9条 ~ある作家の体験から~」
*公開前特別試写会
 映画「一枚のハガキ」(監督・新藤兼人 主演・豊川悦司 大竹しのぶ) 
*ビデオレター
出演=池田香代子 加藤剛 神田香織 ジェームス三木 ふじたあさや 松元ヒロ

今こそ「憲法にカンパイ!」
今年は憲法フェスティバルが誕生してから25年目です。憲法は誕生以来65年間、私たちの権利と平和な生活を保障する盾となってくれました。そんな憲法も65歳、会社員ならば定年です。しかし憲法には引退してもらうわけにいきません。日本はまだまだ憲法が理想とする国にはたどりついていません。社会のいたるところに餓死する人、自殺する人、学びたくても学べない子供たち、基地におびえる人たちなどがあふれています。憲法に定年はありません。65年間がんばってきてくれた憲法に感謝し、これかの活躍に期待して、今こそ「憲法にカンパイ!」

“魂をゆさぶる映画「一枚のハガキ」” 特別試写会
99歳になる映画監督・新藤兼人が自らの戦争体験にもとづき「映画人生最後の作品、私の遺言状である」と語る映画「一枚のハガキ」を、製作の近代映画協会、配給元の東京テアトルの協力により、この夏の公開に先がけて特別試写会を行います。

 戦争が庶民にもたらす悲劇と、それでもたくましく生きぬく男女の力の素晴らしさ。再生と希望を描ききった新藤作品の集大成。第23回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞、ニューヨークでのプレミア上映が決定した傑作。出演は豊川悦司、大竹しのぶ、六平直正、大杉蓮、柄本明など

憲法フェスティバル実行委員会   実行委員長・下林秀人(弁護士)
千代田区富士見2-7-2 ステージビル1706号室 南北法律事務所気付
℡・fax03(5211)0936  http//www.kenfes.com/

●チケットのお申し込みは杉山まで
メールアドレス nora@cityfujisama.ne.jp/ファクス 0466-47-2130

2011/05/11

イージス艦「あたご」衝突事件 写真集

http://www.jiji.com/jc/d2?p=sos00101&d=004soc

2011/05/07

コラム「読む・読もう・読めば」連載100回

3月11日、東日本を巨大地震が襲いました。

想像を絶する津波の破壊力、そして福島第一原発の惨状と、大震災の傷跡の大きさは計り知れません。あまりに多くの命が、家が、町が、思い出が、一瞬のうちに失われてしまいました。大災害の犠牲者は、何万人という数字で表わされることが多い。でも、亡くなったおひとりお一人に、さまざまな物語があるのです。

あれから2カ月になります。しかし、いまだ原発災害はもちろん、放射能汚染は解決されないばかりか、じりじりと広がり、私たちの暮らしを蝕んでいます。

あまりに大きな負の遺産、厳しすぎる現実。喪失と欠乏と不安と恐怖と。立ちはだかる問題の大きさ。復興への道のりは容易ならざるものがあります。

平和的生存権を訴えつづけてきた「平権懇」は、どんなに困難な時代になろうとも、平和のうちに生きる権利の実現をあきらめません。これからも、「平権懇」は、現代社会に対するさまざまな異議申し立てを続けていきたいと思います。


●◎●◎


「平権懇」運営委員の大内要三さんの連載コラム「読む・読もう・読めば」が、4月末に更新された「3.11で見えてきたもの」で、ちょうど100回を数えました。

2007年2月の第1回「首相の日々」から4年。

これまでの連載記事は、下記サイトでお読みいただけます。

http://heikenkon.cocolog-nifty.com/blog/cat7046270/index.html

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ