2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« アフガン・イラクへの出撃基地、ディエゴガルシアを知っていますか? | トップページ | 米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで »

2011/06/29

読む・読もう・読めば 104

エール交換

東京電力は福島県と新潟県に原子力発電所を持つ。両県ともに東電の営業区域ではなく、東北電力の管内になる。東電が管轄外に原発を建設したのは、迷惑施設の建設を管内で断られ続けた結果だ。そして沖縄に米軍基地が集中するのも、たんに沖縄の「地政学的位置」からだけではない。

被災から3カ月目の6月11日、『河北新報』にすばらしい社説が載った。タイトルを「東日本大震災被災3カ月 東北の位置づけ変え自立を」という。冒頭、「中心にいると、周縁が見えない。国を治める者にとって地方は政策遂行のための客体であり、地元の意向はしばしば無視される。」とあり、「東北は国策に翻弄されている。過去も現在も望まない役割を背負わされ、日本を下支えしてきた。」とある。地方の怨念話かと思えば、これが違った。社説は続いて、沖縄の辺野古で基地建設に反対する人々による「米軍への思いやり予算を凍結し、被災地支援に充てよ」という署名運動を紹介する。そして「片や文字通り基地を提供することで日本の安全保障を支え、こなた電気や食糧、人材を首都圏に供給する『基地』として。沖縄と東北が戦後、たどった道は酷似している。」と続く。そして「地方を踏み台にした国の繁栄など私たちは望まない。」「大震災からの復興を歴史の転換点としたい。」と締めくくる。

6月17日の『琉球新報』社説「脱原発ビジョン 福島が日本を変える」は、冒頭で福島県の有識者会議「復興ビジョン検討委員会」が脱原発の姿勢を打ち出したことは「国内外で多くの人々の共感を呼ぶだろう。」と書いたのち、次のように書く。「電気は必要だが原発は来てほしくないという考えは、日米同盟は必要だが米軍基地は引き受けないという考えに通じる。」「エネルギーや基地など安全保障分野は、中央政府の責任だ。しかし日本政府は地方の意向を無視し、地方の犠牲の下に重要政策を遂行してきた。これは差別だ。」そして先の委員会の文書を引用しながら、次のように締めくくる。「沖縄を含め『ふくしまを愛し、心を寄せるすべての人々の力を結集』すれば脱原発は必ず実現する。」

こういう社説を、東京で読みたい。   (2011年6月29日)

« アフガン・イラクへの出撃基地、ディエゴガルシアを知っていますか? | トップページ | 米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで »

大内要三 コラム「読む・読もう・読めば」」カテゴリの記事

コメント

今日の労働問題に特化したミニコミ誌「POSSE」11号に哲学者の高橋哲哉がインタビューに答えて、こう語っている。以下引用: この問題(=3.11原発事故)は、構造的には、沖縄の米軍基地問題に非常に似ています。沖縄は県民所得が低いのだから、米軍基地を置くことで国からお金が落ち、振興政策が引き出せればよいのではないか、といった議論があります。NIMBY(not in my backyard)=「自分の裏庭には置きたくない」ものを、貧しい地域にお金で押し付ける、という点が似ているわけです。もちろん原発と違いがあります。沖縄の人々は米軍基地を誘致していません。沖縄戦後に米軍が居座って、「銃剣とブルドーザー」で土地を取り上げて基地を広げ、それが日米安保体制下、今日まで存続させられているのですから。しかし、中心部が周辺部を犠牲にして、お金で片付けようとする差別構造は、基地問題にも原発問題にも共通しているように思うのです。同誌には別に労働問題研究者の木下武男による「東電の暴走と企業主義統合」と題する全く新しい視点の刺激的な論考も掲載されている。多くの人々に読んでいただきたい。ISBN978-4-7726-8011-0、850円。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む・読もう・読めば 104:

« アフガン・イラクへの出撃基地、ディエゴガルシアを知っていますか? | トップページ | 米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで »

無料ブログはココログ