2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/30

読む・読もう・読めば 106

沖縄の前衛党


1972年の沖縄復帰後に日本共産党に合流した人民党からは、1985年に公式の党史『沖縄人民党の歴史』が刊行されている。日本共産党の側からは、論文集『沖縄・小笠原問題と日本共産党』が1966年に刊行されており、またこれを著者略歴欄で「著書」と書いているところの、1960年代にいたるまで日本共産党の沖縄対策責任者だった高安重正は、『沖縄奄美返還運動史(上)』を1975年に刊行している。しかし復帰前の沖縄人民党と日本共産党との関係は、いまひとつ明らかでない部分があった。最近明らかにされた資料と聞き取りを駆使して、なるほどそうだったのか、と納得させる本が出た。1968年横浜生まれだから復帰運動を経験していない世代の研究者、森宣雄さんの『地のなかの革命――沖縄戦後史における存在の解放』だ。「地」には「つち」とふりがながついている。

これは題名どおり地のなか(地下)で活動し、地のなかに消えていった党員たちの物語だ。そこには東京の沖縄青年同盟で活躍したのち沖縄に帰って人民党を躍進させた上地栄(「亀さんの背中に乗って本土へ」の演説だけが語り伝えられる)、奄美から派遣されて沖縄に非合法共産党を組織した林義巳、瀬長亀次郎の追放中に非合法共産党を維持し「島ぐるみ闘争」を準備した国場幸太郎など、まことに魅力的な、若い活動家たちが登場する。この時代の瀬長の柔軟性もまた魅力的だ。人民党は合法政党であり、共産党は非合法で地下にある。そして沖縄の共産党は日本共産党の地方組織として公認されながらも党中央とは絶妙な不即不離の関係にあり、たとえば50年代日本共産党からの武装闘争方針おしつけなどは拒否する。軍政下の那覇と半独立の東京は遠かった。

読み進むうちに、「国家のむこう岸への旅路」「越境する名前なき前衛党」などいう文学的な表現がやや鼻につき、現代史であるがゆえに現存者の人権を考慮して明記できない部分があることと重なって、隔靴掻痒の部分は残る。けれども「なるほど」の部分が多かったことを幸いとする。続いて、同じ著者による60年代復帰運動の腑分けを期待したい。
(2011年7月29日)

2011/07/22

米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで~ 

「ヴァインさんの話を聞く会」にぜひ、ご参加ください  

沖縄をはじめ世界各地にある米軍基地の現状を報告し、基地のあり方を考える国際会議「占領下における対話」が、8月4日~8日の4日間、沖縄で開催されます。この会議は、過去にシカゴやエルサレムなどで開かれ、アジア圏での開催は初めてです。

私たちは、この会議に参加するために来日する米国ワシントンのアメリカン大学准教授、デビッド・ヴァインさん(36歳。研究分野は米国の外交政策、人権)の話をうかがい、米軍基地問題をグローバルな視点から考える機会をつくりたいと思います。

ヴァインさんは、アフガン・イラクへの出撃拠点となっているディエゴガルシア米軍基地の問題に詳しい方です。当基地建設のために追われた先住民族が起こした訴訟に寄り添いながら、米国での人権運動、軍事費削減運動を通じて基地問題の解決のために活動しています。沖縄も何度か訪れており、昨年アメリカの学生などを連れて訪れた際、学生たちが「メア発言(*)」に関して証言をし、沖縄の反基地運動に大きく貢献しました。

 皆さま、ぜひご参加ください。

*「メア発言」:ケビン・メア前米国務省日本部長が昨年12月、アメリカン大学で日米同盟に関して講演した際、「沖縄はゆすりの名人で怠惰」と差別発言をした

日 時 2011年7月29日(金)午後6時30分から
会 場 毎日ホール(東京・竹橋 毎日新聞社内)
*東京メトロ竹橋駅下車。パレスサイドビルの地下一階にあります
資料代 500円

お 話 デビッド・ヴァイン
インタビュアー 北村 肇(『週刊金曜日』発行人)
通 訳 古山葉子(PARC自由学校講師)
メリ・ジョイス(ピースボート国際部)

主 催 ヴァインさんの話を聞く会
賛同団体 沖縄意見広告運動(第二期) /イラク自衛隊派兵違憲訴訟全国弁護団連絡会議/基地はいらない!女たちの全国ネット/核とミサイル防衛にNO!キャンペーン/国際会議「占領下における対話 DUO V(デュオファイブ 沖縄)」/JUCON(Japan-US Citizens for Okinawa Network) /第9条の会・オーバー東京/ピースリンク広島・呉・岩国/許すな!憲法改悪・市民連絡会/横田基地問題を考える会/PARC・NPO法人アジア太平洋資料センター

協 賛  『週刊金曜日』  

  
お問合せ連絡先 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会 
    杉山隆保 E-mail: nora@cityfujisawa.ne.jp mobile: 090-5341-1169
参考・ヴァインさんのサイト http://www.davidvine.net
お願い 会場の準備がございますので、ご参加の予定が立ちました方はご一報いただければ幸いです。

2011/07/15

読む・読もう・読めば105

読む・読もう・読めば
105 言葉の力


戦後詩の集団として、「荒地」と「櫂」とでは方向性というか感覚というか、が違うけれども、戦争体験をいつまでも引きずっていたところで共通している。そのような体験を持たないけれども共感を持つ「遅れてきた」者として、疲れたときには「荒地」グループの、とりわけ黒田三郎作品を読み、あるいは「櫂」グループの、とりわけ茨木のり子作品を読んできた。何よりも「言葉の力」を信じることができるからだ。ごめんなさい、呼び捨てです。実生活者としては恐るべきアル中の黒田と、堅実そのものの茨木ではずいぶん違ったようだけれども、物書きは作品世界で勝負すればいいのだ。

1919年生まれの黒田は1970年に集大成の「黒田三郎詩集」を刊行した後、4冊の詩集を出している。遺稿詩集「流血」(80年)は老いだけが感じられて淋しい。装画・糸園和三郎、題字・青山杉雨はいかにも立派だけれど、悪いけど函のサイズが合ってないよ。奇妙なのは若い女友達に捧げられた形の詩集「悲歌」(76年、これも函入り)であって、つまりなぜこれを人目に晒さなければならなかったのか理解できなくて、なんとフランス装幀なので私は今だにナイフを入れていない。

1926年生まれの茨木の最初の詩集「対話」に収録された「根府川の海」は、第2詩集「見えない配達夫」に収録された茨木のもっとも有名な作品「わたしが一番きれいだったとき」とテーマを同じくしているのに、あまり注目されないのが気の毒。そして同じ第2詩集に収録された「六月」は、カンナもルオー爺さんも出てこなくて、つまりは抽象的な言葉の羅列ではあるけれども、いま3.11後を経験している私たちに何事かを教えているように思われる。以下は全3連のうちの第3連。

どこかに美しい人と人との力はないか/同じ時代をともに生きる/したしさとおかしさとそうして怒りが/鋭い力となって たちあらわれる
(2011年7月14日 Quatorze Juillet)

2011/07/10

米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで

ヴァインさんの話を聞く会にぜひ、ご参加ください  

沖縄をはじめ世界各地にある米軍基地の現状を報告し、基地のあり方を考える国際会議「占領下における対話」が、8月4日~8日の4日間、沖縄で開催されます。この会議は、過去にシカゴやエルサレムなどで開かれ、アジア圏での開催は初めてです。

私たちは、この会議に参加するために来日する米国ワシントンのアメリカン大学准教授、デビッド・ヴァインさん(36歳。研究分野は米国の外交政策、人権)の話をうかがい、米軍基地問題をグローバルな視点から考える機会をつくりたいと思います。

ヴァインさんは、アフガン・イラクへの出撃拠点となっているディエゴガルシア米軍基地の問題に詳しい方です。当基地建設のために追われた先住民族が起こした訴訟に寄り添いながら、米国での人権運動、軍事費削減運動を通じて基地問題の解決のために活動しています。沖縄も何度か訪れており、昨年アメリカの学生などを連れて訪れた際、学生たちが「メア発言(*)」に関して証言をし、沖縄の反基地運動に大きく貢献しました。

 皆さま、ぜひご参加ください。

*「メア発言」:ケビン・メア前米国務省日本部長が昨年12月、アメリカン大学で日米同盟に関して講演した際、「沖縄はゆすりの名人で怠惰」と差別発言をした

日 時 2011年7月29日(金)午後6時30分から
会 場 毎日ホール(東京・竹橋 毎日新聞社内)

*東京メトロ竹橋駅下車。パレスサイドビルの地下一階にあります
資料代 500円

お 話 デビッド・ヴァイン

インタビュアー 北村肇(「週刊 金曜日」発行人)

通 訳 古山葉子(PARC自由学校講師)
メリ・ジョイス(ピースボート国際部)

主 催 ヴァインさんの話を聞く会
賛同団体 イラク自衛隊派兵違憲訴訟全国弁護団連絡会議/基地はいらない!女たちの全国ネット/第9条の会・オーバー東京/許すな!憲法改悪市民連絡会/横田基地をなくす会/PARC・NPO法人アジア太平洋資料センター
協 賛  週刊 金曜日    
お問合せ連絡先 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会 
    杉山隆保 E-mail: nora@cityfujisawa.ne.jp mobile: 090-5341-1169
参考・ヴァインさんのサイト http://www.davidvine.net

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ