2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 3月23日平権懇学習会の記録 1 | トップページ | 3月23日平権懇学習会の記録 3 »

2012/04/18

3月23日平権懇学習会の記録 2

原発を廃炉に! 九州原発差止め訴訟
報告2 長戸和光さん


弁護士の長戸です。いま稲村先生のほうから詳細な説明がありまして、あまり私がどうこう言う必要もないのかなと思っているんですけれども。私はもともと福岡で弁護士を始めて、佐賀に来たのが7年ぐらい前だと思います。そのころにプルサーマルの日本の最初の導入をする、しないという問題がありました。残念ながら導入されてしまったんですが、このときに佐賀県弁護士会で反対の会長声明を出した。たまたま反対の団体の方が見えられて、その後しばらくプルサーマルの反対運動に関わったことがありました。条例を作って県民が投票して決めようという運動がありまして、署名運動をして、実際に法定数まで達して議会に上がったんですが、議会ではあえなくはねられた、さらにその後、市民報告会が開かれまして、例のやらせの問題があった会ですけれども、みなさんが賛成しているということで、即座にプルサーマルが始まった。
このときにも私は少し関わっていたんですけれども、その後、裁判をする、しないという動きの中では内部的な問題もありまして、私もしばらく外れておりました。外れている中で例の福島の事故が起きてしまいまして、非常に後悔しました。今回の裁判の話が、稲村先生がいる事務所のボスである東島浩幸弁護士から話がありまして、もう逃げちゃいけないと思いまして、引き受けることになりました。事務局長という、ちょっと偉そうな役職に就いています。自分がそんなに力量があるとは思っていないんですけれども、地元、佐賀のほうでとりまとめはすべきだろうということで役職を引き受けて、これまで弁護団として活動しております。
これまでの経過は稲村先生のご報告のとおりですが、昨年9月4日の前に、いろいろこれまで佐賀で存在していた原発に反対する団体にはそれぞれ当たりまして、こういう裁判を起こすから協力してくれと説いて回りました。OKという方もいらっしゃったし、残念ながら先に動かれたプルサーマルの会とはちょっと違う形の動きになりました。特段もめているわけでもないんですけれども。
結局、数の力で変えていかなければ仕方がない、裁判所に対しても数の力を示して、考え方を変えていかなければならないという発想が最初からありました。1000人以上という目標が最初からあって、いつの間にか1万人原告でいこうという話になりました。1万人とは途方もない数字だと最初は思っていたんですけども、1回目で1704名、2回目で1370名、3000人を超えましたので、まあ1万人まではまだまだ遠いですけど、途方もない数字ではないんではないかと最近は思っておりまして、もうちょっと広げていきたいなというふうに考えています。
どうやってたくさんの原告を集めるかということでは、もちろんいろんな団体に働きかけをするというのはあるんですけれども、たぶんひとつの特徴は、原告ひとりの負担金をすごく減らしたことだと思います。通常の差止め訴訟だと、だいたい3000人ならひとり1万3000円の印紙代がかかるわけで、いろいろ事務手数料もかかりますので、通常この手の裁判だと最初に2万円ぐらいはもらっていると聞いていますけれども。弁護団内部でも、2万円いるとか、1万円は最低もらわなくてはとかいう説もありましてが、最終的にはひとり5000円で原告になれますということにしまして、原告の申込金はみなさん5000円しかもらっていません。支える会の組織を作るために会費を募っているところですけども、単純に原告になることについては5000円というふうにお願いしました。実際、そういう金額にしたこともあって、これだけの数が集まったんではないかと、ハードルをかなり下げることは人数を集める上では良かったと思っています。
もちろん、これだけ集まりましたんで、これからはこの人数をどうやって我々がさばいていくか、伝えていくのかという問題は残っておりますけども、出発点としてたくさんの方に幸いに参加していただくことができましたし、まだ今でも広がっていると思います。
もうひとつは、先ほど稲村弁護士から説明があったとおり、あくまでも原発を止めることが目的であって、個人の思想信条をいっさい問わずに入ってもらっています。ですからいろんな所属団体がありますけれども、所属団体に帰ってからみなさんにいろいろ話すのは全然かまわないんですけれども、内部ではいっさいそこは出さないでもらっています。反面これはもうひとつ我々弁護士側の問題もありまして、今までこういう原発とかをやっている弁護士というのはある程度、一定の層に固まっていると思われていたと思います。そうすると当然、集まって来る原告もどうしてもある程度固まった層になるんではないか。ですので、原告もいっさい問わない、弁護士も右から左まで関係なく入ってもらう、ということで呼びかけをして入ってもらっています。
私が事務局長をしている理由のひとつが実はそこにありまして、他の弁護士の方々はこれまで市民運動とかに、いろいろな形で関わった方が多いんですけれども、私の場合は、有明の問題にはある漁業団体の関係でずっとやっていた時期があるんですけれども、基本的には福岡では行政の顧問をしていまして、今でもどちらかというと企業側の仕事をすることが多い状況です。ただそういう人間が責任ある地位に立ってやるということが、弁護士を集めるなかでのひとつの象徴であろうと思いまして、それも含めて事務局長を受けたんですけれども。垣根を原告だけではなく、我々のほうも広げてこの裁判に取り組んでいこうというのが、この裁判の内容になっております。
弁護士もまだ充分に広がっていないところがありますし、原告の方々も、完全に何も書かれていない方々がいっぱい入って来ているかというと、まだまだだとは思っているんですけれども。これからどんどん浸透させて、我々受け入れ体制としても、いろんな人がいるんだから気にしなくていいよと、別に入ったからといって何か勧誘を受けたりするわけじゃないから、という意味で、どんどん入っていってもらいたいなと思っていますし。やはり1万人ぐらい集まると、もうちょっと違う展望が見えて来るのかなと最近は考えています。
で、ちょっと変わった訴状です、実際のところは。先ほど稲村弁護士からだいぶ説明がありましたけれども、今までの原発裁判とまったく違う訴訟を作ってみました。私が訴状について説明した文書がブックレットの中に入っています。これはもちろん裁判の目標ではあるんですけれども、我々の掲げる目標をそのまま訴状にしたものだと思っています。科学技術論争じゃなくて、起こった被害から、被害を理由にして原発を止めていくんだと。こんな被害を今後もう起こしちゃいけないということで、原発を止めたいという我々のきっかけですね、この裁判に対する。それを訴状にしたものと思っています。
で、国を入れるためにずっと書いているんですけれども。原発を止めるということの中に、玄海だけ止めればいいのかと、まあとりあえず佐賀県民としては当面安全かもしれませんけれども、しかし福島の被害は日本中、世界中に及んでいますので、ひとつを止めればそれでいいという話ではありませんので、原発自体を止めさせるためには国を巻き込まなければいけない。いろいろそれを考えた結果、差止めの被告にした上に、それだけでは逃がさないように、請求も付けている。要するに差止めの要件を満たさなくても慰謝料では国を逃がさないと。そういうやり方で請求の趣旨を立てています。
第二陣もまったく同じ訴状で押してまして、第三陣のほうは若干、慰謝料の起算点を入れるかも知れませんけれども、基本的にはずっとこの内容で提訴していきます。ただ、もちろんこの内容だけで勝てるという話ではないので、いま個別の論点についての検討班を組んで検討しているところです。科学論争をしたくないと言いましたけれども、しないで終わるとも思っていないです。個別の危険性というのも、玄海1号については日本中で言われている通りで、危険なものですから、その問題を当然言わなければならないですし、3号のプルサーマルの問題もあると思います。また2号炉も30年を超えてきましたので、配管等の老朽化もあると思いますので、そういったこともこれから論を深めていかなければならないと思っています。
もう第三陣の原告が集まり始めていると思うんですが、第二陣もじつは2月の終わりごろの段階で800人ぐらいだったんですね。これは1000人集まるかと思っていましたけど、気がついたら1300人を超えていました。ちょっと我々が補足し得ないような動きになってきてますので、三陣がどれくらい集まるか、まだこれからですけれども、うまくこの流れを途切れさせずに、どんどん広げていきたいなと思っています。

« 3月23日平権懇学習会の記録 1 | トップページ | 3月23日平権懇学習会の記録 3 »

平権懇 連続学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/54501957

この記事へのトラックバック一覧です: 3月23日平権懇学習会の記録 2:

« 3月23日平権懇学習会の記録 1 | トップページ | 3月23日平権懇学習会の記録 3 »

無料ブログはココログ