2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

« 現地レポート 沖縄はどうなっているのか | トップページ | 憲政の邪道 暴走する安倍政権 »

2015/07/14

「平権懇」会員奮闘中!

現在、国会内では「戦争法案」の審議打ち切りをめぐる与野党の攻防が激しくなっていますがこれまでの闘いの中で「平権懇」会員は奮闘してきました。まず、清水雅彦さんですが戦争に反対する1000人委員会の事務局の一員となり、また、「憲法学者声明」の集約に尽力しました。
運営委員の大内要三さんは練馬に腰を据えて、講師、さまざまな企画・立案や小冊子の発行と八面六臂の大活躍です。

政府は「戦争法案」の合憲理由を「砂川判決」に依拠していますがこの間違いを指摘する声明をまとめたのが内藤功、新井章の両弁護士です。

「平和への権利の国連宣言」は仕切り直しか?
2013年2月にジュネーヴの国連人権理事会に作業部会が設けられて3会期にわたって「平和への権利の国連宣言」の議論が行われました。しかし、「文案」作成には至りませんでした。3会期の最後に「議長提案」が行われましたが、今後の推移は第29会期の国連人権委員会に委ねられています。
「1964年米軍機墜落舘野鉄工所事件」で新たな取組み開始へ
昨年の9月13日に「1964年米軍機墜落舘野鉄工所事件50周年」で事故地に「慰霊塔」を建立したところ防衛省南関東局から「国有地に勝手に慰霊塔を建てられては困る」と抗議がきました。慰霊塔を抜いて防衛省と交渉を重ねた結果「賃貸契約」が結ばれて「慰霊塔」を再建立しました。この過程で「いっそ事故跡地を平和慰霊公園にしたら」という声が出てきました。「50周年実行委員会」で討議して大和市が事故跡地を国から借りて「平和慰霊公園」にすることを求めることと厚木基地撤去を結び付けた「陳情署名運動」を行うことになりました。この皮切りの集会を下記の通りに行います。この集会に「舘野鉄工所事件」を最後まで支援し続けて下さり「おれもしも死んでなかったら」を作曲(作詞は画家の田島征三さん)された歌手の横井久美子さんが出演も決まりました。

□ もう落ちないで ここは、人の住む街
・日  時 9月12日(土)午後
・会  場 大和市勤労福祉会館
・参加費 1,000円 
・ 内容(案)ご挨拶 舘野義雄(故舘野正盛さんの四男)
歌 横井久美子 
報告 基地、沖縄と厚木

« 現地レポート 沖縄はどうなっているのか | トップページ | 憲政の邪道 暴走する安倍政権 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204354/61887012

この記事へのトラックバック一覧です: 「平権懇」会員奮闘中!:

« 現地レポート 沖縄はどうなっているのか | トップページ | 憲政の邪道 暴走する安倍政権 »

無料ブログはココログ