2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

「平権懇」☆関係書籍☆残部僅少☆

  • ●大内要三(窓社・2010年): 『日米安保を読み解く 東アジアの平和のために考えるべきこと』
  • ●小林秀之・西沢優(日本評論社・1999刊): 『超明快訳で読み解く日米新ガイドライン』
  • ●(昭和出版・1989刊): 『釣船轟沈 検証・潜水艦「なだしお」衝突事件』
  • ●西沢優(港の人・2005刊・5000円+税): 『派兵国家への道』
  • ●大内要三(窓社・2006刊・2000円+税): 『一日五厘の学校再建物語 御宿小学校の誇り』
  • ●松尾高志(日本評論社・2008刊・2700円+税): 『同盟変革 日米軍事体制の近未来』
  • ●西沢優・松尾高志・大内要三(日本評論社・2003刊・1900円+税): 『軍の論理と有事法制』

文化・芸術

2010/03/17

ドキュメンタリー映画『アメリカ―戦争する国の人びと』

ドキュメンタリー映画『アメリカ―戦争する国の人びと』が3月20日からポレポレ東中野(東京)で公開されます。

この公開に合わせまして、下記のように連日Eプログラム上映終了後に、藤本幸久監督がゲストを迎えて、トークを行います。ぜひ、足をお運びください

上映詳細:http://www.mmjp.or.jp/pole2/america.html

3月20日(土) 19:10の回上映後
 ゲスト : 結純子(女優・演出家 ひとり芝居『地面の底が抜けたんです』『道行きのえにし』他)

3月21日(日) 19:10の回上映後
 ゲスト : 橘家扇三(噺家)

3月22日(月) 19:10の回上映後
 ゲスト : 山本英夫(フォトグラファー『沖縄・辺野古”生きている”って伝えたい』)

3月23日(火) 19:10の回上映後
 ゲスト : 森住卓(フォトジャーナリスト 写真集『セミパラチンスク』『イラク湾岸戦争の子供たち』) アフガニスタン取材報告

3月24日(水) 19:10の回上映後
 ゲスト : 小林アツシ(映像作家『基地はいらない、どこにも』『軍事工場は、今』『どうするアンポ』他)

3月25日(木) 19:10の回上映後
 ゲスト : 本田孝義(映像作家『科学者として』『ニュータウン物語』『船、山にのぼる』)

3月26日(金) 19:10の回上映後
 ゲスト : 若松孝二(映画監督『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』、『キャタピラー』)

3月27日(土)15:15の回上映後
 ゲスト : 三宅勝久(ジャーナリスト『自衛隊員が死んでいく』『自衛隊という密室』)

3月28日(日) 15:15の回上映後
 ゲスト : 藤本幸久監督&影山あさ子(本作プロデューサー) Q&A

3月29日(月) 15:15の回上映後
 ゲスト : 須田木綿子(東洋大学社会学部教授『素顔のアメリカNPO-貧困と向き合った8年間』)

3月30日(火) 15:15の回上映後
 ゲスト : 藤本幸久監督 Q&A

3月31日(水) 15:15の回上映後
 ゲスト : 中村剛(ギタリスト 『アメリカ~』登場人物の元・海兵隊員 アレン・ネルソンCD『Answer Question and Blues』)

4月1日(木) 15:15の回上映後
 ゲスト : 土屋トカチ(映像ディレクター『フツーの仕事がしたい』)

4月2日(金) 15:15の回上映後
 ゲスト : 保坂展人(前衆議院議員)

4月3日(土)10:20の回上映後
 ゲスト : 佐藤真紀(日本イラク医療ネットワーク事務局) 最新イラクレポート

4月4日(日) 10:20の回上映後
 ゲスト : 志葉玲(ジャーナリスト『たたかう!ジャーナリスト宣言-僕の観た本当の戦争』)

4月5日(月) 10:20の回上映後
 ゲスト : 岡本厚(岩波書店『世界』編集長) 普天間基地「移設」問題とは何か

4月6日(火) 10:20の回上映後
 ゲスト : 比嘉真人(『やんばるからのメッセージ』制作者)
        沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設問題を語る!『やんばるからのメッセージ(10分版)』上映とトーク

4月7日(水) 10:20の回上映後
 ゲスト : 藤本幸久監督 Q&A

4月8日(木) 10:20の回上映後
 ゲスト : 谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表)  最新アフガニスタンレポート

4月9日(金) 10:20の回上映後
 ゲスト : 藤本幸久監督 Q&A

4月10日(土)19:10の回上映後
 ゲスト : 土井敏邦(ジャーナリスト『沈黙を破る』)

4月11日(日)~16日(金) 19:10の回上映後
 ゲスト : 藤本幸久監督 Q&A

2009/08/26

東京芸術座「クラウディアの祈り」

9月2日~6日 新宿・紀伊国屋ホールにて、東京芸術座の50周年記念公演第一弾として、「クラウディアの祈り」が上演されます。
紀伊国屋書店新宿本店4階 入場料4500円(当日500円増)

2009/07/19

神田香織さん講談「悲しみの母子像」

■日時 7月25日(土)午後6時30分開演
■会場 葛飾 文芸センター http://www.koyaza.jp/map.html
1977年9月27日、米軍ジェット機墜落事故で3歳と1歳の男の子がなくなり、若い母親・土志田和枝さんが全身に火傷を負いました。幼い子を亡くした母の思いはどんなに苦しかったでしょう。無念の中残念ながら4年4か月後、和枝さんも息を引き取りました。なぜ、こんな悲劇が起きるのでしょう。
私の友人である講談師の神田香織さんは、和枝さんのお父さんである故土志田勇さんに「講談で語り継ぎます」と約束していました。ようやく「悲しみの母子像」という講談が出来上がり、さまざまな所で公演しています。
この講談の冒頭には、「平権懇」発足の契機となった1964年の米軍機墜落事故「舘野鉄工所事件」の舘野正盛さんが登場します。
私が舘野さんから話を聞いたところによると、事故をテレビで知った舘野さんは「俺と同じ目に(被害)遭わせてはならない」と、当時住んでいた神奈川県平塚市から横浜市緑区の事故現場に駆けつけたのです。
ところが、舘野事件と同じように事故現場は、米軍が取り仕切り、被害者さえも立ち入り禁止になっていたのです
(2009.7.19 杉山 隆保)

2008/11/11

「貧乏物語」(上井草・東京芸術座 アトリエ公演)

田中昭子主演「貧乏物語」(上井草・東京芸術座 アトリエ公演No.33)が今月末から始まります。

2007/08/22

東京芸術座「母は枯葉剤を浴びた」

東京・上井草でのアトリエ公演。フォトジャーナリストの中村悟郎さんの同名の原作。ベトナム戦争後も続く枯葉剤の悲劇をべトちゃんドクちゃんの成長とともに、アメリカ帰還兵などにも取材したもの。中村さん撮影の写真をバックに、さまざまな証言によって舞台は展開します。

中村さんとは、今月、日本プレスセンターで行われた、日本ジャーナリスト会議賞の贈賞式でお目にかかりました。私は、選考委員のお一人として壇上に上がられた中村さんに賞状を手渡す、アシスタント役を仰せつかったのでした。

「平権懇」の佐藤和利弁護士のお世話で、榎本信行弁護士、大内要三さんと観劇。舞台のあと、駅近くの居酒屋に、佐藤弁護士のご長男の中学時代の先生とその息子さんの俳優、映像作家の竹浪明さん、水墨画家の垂井ひろしご夫妻など。女優の田中昭子さん、俳優で今回構成もなさった井上鉄夫さん、演出家の稲垣純さんもお元気なお顔を見せてくださいました。(吉田悦花)

舞台は24日まで。http://www.tokyogeijutsuza.co.jp/

毎日新聞よりhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000025-mailo-l13

無料ブログはココログ